SAGA佐賀マニア

佐賀に眠ったお宝を発掘します。

佐賀県でと言うより、全国でも有名な遺跡と言えば、

吉野ヶ里遺跡ですね。

現在は、吉野ケ里歴史公園として毎年全国から多くの人が訪れています。

吉野ヶ里遺跡は、約2000年前の弥生時代の遺跡ですが、

最近発見された、東名遺跡(ひがしみょういせき)は、
なんと8000年前の縄文時代の遺跡です。

01

貯水池の造成中に発見されたこの遺跡は、驚くほど大量の遺物が発掘されています。
まだ仮の展示室しかありませんが、それでも見る価値十分です。



02


この建物の中に展示室があります。

03

展示室の入り口です。

06


展示室の内部です。
まだ仮の展示状態です。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">





05

これは貝塚の断面です。
数千年分のゴミが堆積しています。



08


発掘された人骨です。
このような完全な形で8000年も残ることは、稀なことらしいです。

ここが海底になり、泥に埋まったためここまで完全に残ったとのこと。


09


当時の人が食べた動物の骨です。

すっぽんやシカや犬、オオカミなど多種多様な動物を捕獲していたようです。

07

そしてこの遺跡の最重要遺物がこの編みかごです。


10


これが腐食せずにほぼ当時のままの状態で発掘されています。


11


これが再現したレプリカですが、ちょっと前の農家や漁師の家に
普通にあったようなカゴの形状に驚かされます。

この中にどんぐりなどを入れて、地中に埋めて保存食としていたようです。

13

当時の想像図ですが、豊かな生活を営んでいたようです。



14

この貯水池の造成中に発見されました。

縄文時代の遺跡として、有名なのは、青森県の三内丸山遺跡ですが、
この東名遺跡は、近い将来その三内丸山遺跡に匹敵するほど

注目されることになるかもしれない貴重な遺跡です。
まだ知る人ぞ知る遺跡ですが、必見の遺跡です。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">




佐賀城址に建てられた、佐賀城本丸歴史館は、
全国でも珍しい殿様の御殿を再現した建物です。

内部を見学する事ができます。(入場無料)


01


さすが殿様の御殿だけあって、堂々とした外観です。

入り口で靴を脱いで上がります。


03

入り口には、アームストロング砲のレプリカが鎮座しています。


04


こちらは青銅製の臼砲で、右はオランダ製左は国産です。

臼砲というのは、砲弾を大きな放物線を描くように発射する大砲で、
現在の迫撃砲のようなものです。


02

300畳敷という大広間です。

希望すればボランティアスタッフの方が案内してくれます。

05


こちらは、通路です。

天井の高さに驚かされます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">




06

佐賀城の歴史資料を展示してある資料室です。


07

トイレも非常にきれいです。


08


09

もちろんウォシュレット。

10


縁側から中庭を見たところです。

天守閣の見学が出来るお城は、たくさんありますが、
御殿の見学が出来るお城は、ほとんどないのではないでしょうか。

無料で見学できるので、超おすすめです。
(任意で寄付金を入れる箱が置いてあります。)


公式サイトはこちら


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



↑このページのトップヘ