SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

全国的にも珍しいという、佐賀城の石垣を切り出した遺構
【川上石丁場跡】を確認してきました。


10

場所は、この淀姫神社からほど近い場所で、


11

勧進橋(官人橋)を渡り龍登園の前を左に曲がってすぐのところに、


12

文殊院の入り口である石段が見えます。

13

ここが、川上石丁場への入り口でもあります。


14

コンクリートの道の先が山道になっていますが、
ここをどんどん登って行きます。


15

かなり急な登りなので、息が切れるほどです。


16

しばらく登ると、大きな石が見えてきます。

この辺りが石丁場です。


17

ここには、こんな案内板が設置されています。

これによると、石切場の遺構が完全な形で残っているのは、
全国的にも珍しいという事です。


18




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">


19

辺り一面に転がっている石は、
すべて400年以上前に切りだされた大石の破片だと思われます。

20

この大きな石には、楔の跡が見られます。

21

このように大きくて深く、割る直前まで打ち込まれていますが、
途中で割るのをやめたようです。

いったいどんな理由があったのでしょうか。


22

この石も人工的な加工がなされています。


23

登山道沿いには、割と大きめの石がゴロゴロ転がっています。


24


この石にも楔の跡が見られます。

石丁場の案内板からしばらく登ると、文殊院の上宮にたどりつきます。


25

はっきり言って、ここまで登るのはかなりキツイです。

とにかく勾配が急で、運動をしていない人にとっては、
相当息が切れて、心臓バクバクになると思います。


26

この上宮は、落書き堂として有名?です。



27

合格祈願の聖地として知る人ぞ知る神社です。


28

このように数十年に渡って書かれた合格祈願で、外も中も埋め尽くされています。

石切場もここまでで、この先は巨石パークへと続く山道となっています。



切り出した石は、船で嘉瀬川を下って佐賀城下まで運んだらしいです。

しかしあの急な坂を、大きくて重い城の石垣用の石を人力で運ぶのは、
どれほどの労力が必要だったのか?

想像しただけでも大変そうです。

現場にいると、常時何百人?もの工夫が何年にも渡って石切りの作業をしていた様子が、
目に浮かび、城を建てるのがいかに大変な事だったのかを思い知ることができました。





<br />
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ


2月28日で閉店してしまった上峰のイオンへ、閉店直前に行ってきました。

01

駐車場には、そこそこ車が停まっていました。

02

入口には、閉店を知らせる大きな看板が設置してあります。

03

入口近くには、こんな思い出のコーナーが設置されていて、


13

多くのメッセージカードが、貼り付けられていました。


04




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="9157140615">



05

感謝と寂しさの気持ちが込められたメッセージを読んでいると、
こちらも込み上げるものがあります。

06

これは21年前の空撮です。
まだ周りには、現在のように周りに店舗はありません。


07

店内は、テナントが撤退して空いたスペースが多く、
このように休憩所となっている所が数か所ありました。


08

2階の売り場は、在庫処分中です。


09

3階に上がると、ほとんどお客さんの姿は見当たりません。


10

クレーンゲームのコーナーにも誰もいませんでした。


11

ここにも閉店を知らせる大きな看板がありました。


12


3階は、お客さんがほとんどいなくてさびしい限りでした。


上峰サティがオープンした1995年には、
まだ近隣に大きなショッピングモールなど無かったのに、

佐賀市や久留米市や鳥栖市と次々に大型商業施設が出来て、
客が奪われることになってしまう事になろうとは、
オープン当時の賑わいからは、想像できませんでした。


さらにここにシネコンが出来て、佐賀市内の映画館が閉館に追い込まれ、
その後オープンした佐賀市内のシネコンに客を奪われ、
サティのシネコンが閉店になってしまった事を思うと、

資本主義の厳しさ残酷さを感じずにはいられませんでした。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


佐賀市の神野公園(こうのこうえん)には、

こども遊園地という小さな遊園地が、あります。

あの”ゾンビランドサガ”にも登場したということで、

ちょっと話題にもなっているし、最近の様子を調査してきました。


01

これが、メインゲートです。




02

遊園地のマップです。
意外と多くの乗り物類が、あるようです。


03

入園は、無料になっています。

04

遊園地内は、いかにも地方の遊園地らしいローカルな雰囲気が漂っています。


05

乗り物以外にも、こんなジャングルジムや滑り台、
竹馬など昔ながらの遊び道具にも子供たちが群がり、
楽しく遊んでいる光景が見られました。

06

当然ですが、小さな子供連れの親子が主なお客さんです。
子供の笑い声が、あちこちから聞こえてきて賑やかでした。

07

乗り物は、200円が基準になっているようです。


08

このチケット売り場で、チケットを購入するようになっていますが、
フリーパス、親子2000円・一人1600円を買った方がお得ですね。






09

このダンボは、比較的新しい乗り物のようです。


10

小さな遊園地でおなじみのチェーンタワーは、
現在修理のため、撤去されていて遊び場になっていました。


11

ゲームコーナーです。

50周年となっていますが、実際は昭和39年に開園しているそうなので、
今年で55年となります。


12

ゲームコーナーには、ちょっと古めのクレーンゲームや、
最近生産終了とかで話題のワニワニパニックもありました。


13

この遊園地の乗り物の中で、最も古いもののひとつだと思われるのが、
このスペースカーです。


14

このクルマの造形と言い劣化具合と言い、
開園当初から存在していたものかも知れません。

ある意味、遊具遺産といってもいいかも?

遊園地マニアには、たまらないシロモノだったりするかもしれませんね。


15

この広場では、子供たちがフラフープ?を転がして遊んでいます。

これがまた楽しそうで、普段はゲームをしているであろう子供たちが、
こんな超アナログな遊びに興じている光景を見ていると、
微笑ましくなると同時に、遊びの原点のようなものを見た気持ちになりました。


16

これは、ただ玉を投げて筒の中に入れるだけという、
縁日で見かけるような遊戯ですが、割と人気がありました。



17


園内には、こんな休憩スペースもあります。
奥の芝生の上で、シートを広げてお弁当を食べる家族も見られます。

まったりしたローカル遊園地ならではの光景です。


18

トイレは、非常にキレイでした。


19

遊園地の外周をぐるっと回る、ミニSLです。
細部まで良くできています。

これもおそらく開園当時からあったものではないかと思われます。


20

一番人気は、このミニジェットコースターです。

21

このように、アップダウンが非常に少なく、
もしかしたら日本で一番平行なジェットコースターかもしれません。

それでもそれなりに疾走感は、あります。



22

駐車場も数か所あり、100台くらい?停められるのではないでしょうか。

23

ジェットコースターのレールの下には、ポニーがいるようです。
この日は、馬小屋に入っていて近くで見る事は出来ませんでした。


このこども遊園地は、一時お客さんが非常に少なくていつ閉園してもおかしくないような状態でしたが、
新しい遊具の導入や竹馬やフラフープのような超アナログ遊具が無料で遊べたりするなど、
運営側の努力によって、お客さんを呼び寄せる事に成功しているようです。

2000円のフリーパスで、子供と一緒に1日遊べるなら安いものだと思います。

これからもこの調子で、末長く存続してもらいたい遊園地です。









現在どんどんどんの森として、
アバンセや市立図書館がある場所には、かつて大和紡績の工場がありました。


大和紡績は、1986年に操業を終えていますが、

元正門に懐かしい写真が、記念碑と一緒に展示されていましたので、
紹介します。

03


これです、1985~86年ごろの紡績通りが写っています。


04

プレートが劣化していて見難いですが、道路拡張前の紡績通りです。
1986年2月11日に撮影されているようです。

スーパー”主婦の店”が懐かしいですね。

05

これは、上から見た紡績通りです。

奥の方に写っているのは、大和紡績の女子寮とのことです。

主婦の店の建物が、こんな古い旧家だったとは知りませんでした。






02

同じ場所の現在の様子です。
まったく面影がありません。


06

こんなアパートのような寮もあったのですね。


07

上空から見た、大和紡績佐賀工場です。

昭和63年2月25日撮影となっています。


08


初任給と新卒入社者の変遷です。

昭和58年が、最後の新卒入社があった年のようです。


09

橋を渡ると、工場内の写真が展示されています。


10

織り姫様の銅像です。

紡績工場のシンボルだったのでしょうか。

写真を見ていて、紡績通りの主婦の店に何度か行った事を思い出し、
懐かしさがこみ上げてきました。

失われた風景が記録されている貴重な写真だと思いますので、
機会があったらぜひごらんください。





武雄市の佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんがで開催されている、

「月をめざしたアポロ展」

を見てきました。

01

科学館は現在改修工事中で、足場が組んであります。


駐車場は、数か所に分かれていてかなり広く、
数百台分の駐車スペースがあります。


02

入口へと続く階段の前には、こんな記念撮影用のお立ち台があります。


03

料金は、大人510円、プラネタリウム510円、セットで910円と
なっています。


05

正面玄関には、マーキュリー宇宙船(レプリカ)が、
展示されています。



06


07

マーキュリー宇宙船の説明です。


08

底部は、耐熱板になっていて、ロケット噴射ノズルが取り付けられています。
このノズルは、大気圏突入時に燃え尽きると思われます。

09

ダミー宇宙飛行士が乗っているコックピットです。

これが驚くほど狭くて、
ほとんど身動きが取れないのではないかと思われます。


10

とにかくたくさんのスイッチ類と、配線がぎっしり詰まっています。


11

先端には、大気圏内に戻ってきたときに開くパラシュートが、
収められています。


このマーキュリー宇宙船、思ったより小さくて内部は非常に狭く、
ここに数時間座って操縦していた宇宙飛行士は、
身体的もメンタル的にも、相当強靭でなくては務まらない事が、
想像できます。


まさにライトスタッフ(適正な資質を持つ者)です。

これを見ただけでも、かなりの満足感がありました。








12

こちらは、特設会場内に展示されている月の石です。

13

これは、珍しい旧ソ連の無人探査機「ルナ」が、
持ち帰ったという月の石です。



14

隣には、アポロが持ち帰った月の石が、展示されています。
貴重なモノなので、本のひとかけらとなっています。


15

やっぱりみなさん、興味津津で凝視されていました。




17

米ソ共に、宇宙開発では事故で宇宙飛行士が亡くなっています。
文字通り、命をかけた挑戦です。


18

これは、ほとんど知られていない旧ソ連の有人月探査計画です。



19

アポロと違って、先に月面に無人探査車や帰還用のロケットを送りこんでから、
月着陸船で、宇宙飛行士を送り込む予定だったようです。

しかし大型ロケット開発失敗等の理由で計画は、頓挫しています。

ちなみにルノホートと言う、無人月面探査車は実際に打ち上げられて、
地球からの遠隔操作で、月面を走り回り探査を成功させています。

その後のソ連崩壊で、ルノホートの技術がアメリカに渡り、
火星探査車の技術に生かされているそうです。



20

これは、アポロ宇宙船が地球を出発してから帰還するまでの過程です。
かなり複雑な段階を経ている事がわかり、
タイミングなど難しそうです。


21

人類で初めて月面に立った、ニール・アームストロング氏は、
2012年8月に亡くなられています。

アームストロング氏が、アポロ11号の船長に選ばれたのは、
ジェミニ8号での異常回転の制御と、月着陸訓練用の垂直離着陸機の故障時に、
咄嗟の判断で、緊急脱出を行った実績が評価されたからだという。

緊急事態でも沈着冷静な判断が出来る、すぐれた宇宙飛行士だったという事ですね。

22

メイン展示物、アポロの宇宙服と船内用作業服です。


23

宇宙服の胸の所には、四角いコントロールボックスが付いています。

数本のパイプは、背中の生命維持装置に繋がっています。

26

コントロールボックスには、スイッチ?が付いていて、
O2、CO2の文字が見られます。

酸素と二酸化炭素の濃度は、常にチェックするようになっているようです。

25

ヘルメットのシールドは、スモークになっていて、
中は見えませんでした。

28

背中の生命維持装置は、こんなに巨大です。


31

上部には、アメリカの国旗が貼ってあります。


29

後ろから見ても、巨大です。

中央にNASAのエンブレム下部には、
説明書のようなものが、貼ってあります。

30


どうやら宇宙服の中を循環している、水の交換手順のようです。
こんなものは、展示物を近くで見ないとまずお目にかかれません。



27


宇宙服各部の説明です。

真空で、温度変化の激しい宇宙空間と月面で、
生存できるよう技術の粋を集めて作られています。




32

アポロ11号当時の写真誌や記念メダル類です。


33


アポロ計画のエンブレムです。

34

企画展の出口に、思いを書いたラベルがたくさん貼ってありました。


35

ジャンプしたいとか、星を地球に持って帰りたいとか、
うちゅうで2年間くらいたいとか、

36

うちうひこうしになりたいとか、骨を宇宙にとばして星になりたい、
などいろんな思いが書いてありましたが、




気になったのは、この二つです。

37


働いたら負け(34歳無職)

じゃあどうやって生きてく?(27歳サラリーマン)




ロマンから現実へ引き戻されたのでしょうかw




38

最後に、テラスからマーキュリー宇宙船を見るとこんな感じです。
人物と比べると、いかに小さいかがわかると思います。


というわけでこの企画展、マーキュリー宇宙船と宇宙服を見るだけでも、
行く価値があると思います。



この企画展は、2019年2月11日まで開催されます。





佐賀へ行くなら格安航空券で!











↑このページのトップヘ