SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

カテゴリ: 佐賀の記憶

松原の名物自転車屋”中川輪業”が、閉店してしまったようです。

02
2021年10月撮影

店舗のガラスや自転車にベタベタ貼ってあった、
あの面白い張り紙(POP)が数年前から貼られなくなって
残念に思っていたら、ついに閉店していました。

01
いつからあの張り紙を始めたのかは分かりませんが、
20数年前には、貼ってあった記憶があります。

1999年頃デジカメを持ち歩くようになって、
度々張り紙を撮ってきました。

DSC03783

画像を整理していたら、
1999年から2000年代初頭くらいにかけて撮った、
オモシロPOPが出てきましたので、
ここに記録として残しておこうと思います。
AUT_0398
これは99年に撮った写真です。

レッツ宇多田ヒカル

宇多田ヒカルがブレイクした頃で、
やたらと宇多田ヒカルをネタにしたものが貼ってありました。

春の朝一人で歩くエベレスト

状況を想像するとかなり怖いですが、
これはエベレストで大量遭難した事件が元になっているのでしょうか?

AUT_0598
こんな気分イーアールサン!宇多田ヒカル

気分イーアルサン!に宇多田ヒカル。
とにかく宇多田ヒカルを語尾につけてました。
AUT_0399
春のカブト虫を歌いました宇多田ヒカル

どういう意味ですか?などと聞いちゃダメです。
思いつくままの言葉に宇多田ヒカルをくっつけてます。

写真は無いですが、

宇多田ヒカルください

というPOPを貼っていたところ、

一人の女子高生が店にやってきて、

「宇多田ヒカルは物じゃないから”ください”とか書かないで欲しい。

と抗議されたそうです。

※佐賀市のフリーペーパーにこのエピソードが載ってました。

これは実際にPOPの”ください”という部分に×が付けてあって、
”違います”とかコメントが入っているのを目撃したことがあるので、
本当の話でしょう。





IMG_2639

リップクイーン倉木麻衣
宇多田ヒカルとくれば、
双璧をなしていた倉木麻衣も忘れてはいません。

実は宇多田ヒカルください以外にも、
○○くださいシリーズがありました。

○○は、アイドルが多かったです。


たぶん最初は、”ヒロスエください”から始まったと思いますが、
確証はありません。

なぜこんな子を知っているのか?
というようなマニアックなアイドルで驚いたこともあります。

しかしなぜ”ください”なのか?

まったくの謎ですw

スパット安売り自転車ナカガワ

このように、安さを強調したPOPも多かったです。

IMG_2640

初春自転車

安か安か

ひねりもない安直なPOPも多かったですw

AUT_0572
思い出ボロボロ
歌謡曲の歌詞を思い出したのでしょうか。

安い自転車ください
もしかしたら、アイドルくださいシリーズの原点かも?

夏もメチャ激安
面白い言葉が思いつかないと、安いアピールに走るのでしょうか。
佐賀市は個人経営の自転車屋が多い事で知られていましたが、
経営者の高齢化と共にどんどん閉店していったようで、
現在大分減ってきています。

中川輪業もいつ閉店したのかわかりませんが、
ここのPOPには楽しませてもらいました。

00
佐賀駅開業130周年という事で、
駅構内に展示されていた昔の写真を紹介します。
01
まずは、旧駅舎です。
02
正面のロータリーです。
懐かしのオート三輪が写っています。
タクシーの車種から昭和40年代半ば(以降)?ではないかと思われます。
03
これは駅西側の国道263号線の踏切でしょうか。
SLが通過しようとしています。

おそらく昭和30年代半ば頃だと思われますが、
道幅も狭く、まだ未舗装です。

この踏切、朝はなかなか開かずに渋滞になっていたらしいです。

手前に写っているビクターのトラックには
大きなテレビが積まれていますが、
これからどこかの家庭に届けに行くのでしょうか?

”さくら”と言う大きな看板が見えますが、
何の店だったのか気になります。
04
よく見るとD51が客車を引いているようです。
昭和30年代以前の撮影だと思われます。

前に機関士?が乗っていますが、
何かわざとらしくポーズを取っているようにも見えます。

駅に入って来る時、安全確認をしていたのでしょうか。
05
これは新駅舎が完成して、開業直前か間もない頃の写真です。
新旧の駅舎が並んで写っているのは、珍しいかもしれません。
06
昭和40年代前半頃だと思われる駅前ローターリーです。
タクシーの前にいるのは、マツダキャロルでしょうか。
07
これは朝の通勤通学の時間帯ですね。

昭和40年代後半から新駅移転の年(昭和51年)
までに撮られたものだと思われます。






08
新駅が開業して間もない頃でしょうか。
ロータリーの白線や地下道への入り口が真新しいです。
09
旧佐賀駅のホームの端のようです。
どちらの端なのか?
10
新駅移転のお知らせですが、
掲示板の4分の3くらいを占める大きさとなっています。
読んでいる人は、どんな思いだったのでしょうか。



PC内の整理をしていたら、
かつて佐賀市内にあった店舗の写真が見つかったので、
紹介します。


DXsaga2008

DXさが
(2001年頃撮影)

佐賀神社の裏にあった、ストリップ劇場です。

2003年頃まで存在していましたが、
たしか経営者が逮捕されて、閉店してしまったと思います。

宣伝カーも走っていた時期がありました。

今じゃ考えられないですが、あちこちの電柱にベニヤの看板とか、
掛けてあったのを見たことがあります。

中学生の時だったので、やたらと気になっていたのを思い出します。

IMG_2493

佐賀オーディオ
(2009年撮影)

旧長崎街道の通りで長年営業していました。

オーディオマニアが集まるような店だったんでしょうか。

店の前に、外車のバイク(たしかイタリアのドゥカティだったと思う)が、
よく停まっていました。バイク仲間も集まっていたようです。


IMG_3710

ふくみ食堂
(2009年撮影)

松原神社の鳥居の北側にあった、
典型的な昭和の大衆食堂でした。

たしか2013年頃には閉店していたようです。

IMG_3707

右の方に小さく写っている喫茶店も現在閉店しています。

ふくみ食堂は、その後別の食堂兼ギャラリー?に変わって営業していましたが、
2019年の水害で閉店して、白山で復活しているようです。




IMG_3431 コピー

坂田賛化堂書店
(2009年撮影)

県庁前の通りの佐賀県警本部の斜め前付近です。

一時多布施や東部環状線沿いにも店舗がありました。
いかにも古本屋のオヤジと言った感じの人が店番をしていました。

2010年初頭には閉店していたと思われます。

その後インテリアショップらしき店舗になっていましたが、
数年で閉店して、現在は料理屋?になっているようですが、
営業しているかは、不明です。

nishimuraonkodo2007

西村温故堂書店
(2007年撮影)

前回も取り上げた古書店です。

水ケ江商店街の、
現在一階が宅配寿司屋になっているビルの隣にありました。

坂田賛化堂と共に、
度々訪れていたため思い入れのある古本屋でした。

2007~8年頃まで営業していたのを覚えていますが、
その後ひっそりと閉店状態になったと思われます。

現在は、店舗も撤去されて更地となっています。

気になるのは、あのやさしそうなおばあさんの事。
いつも本を読みながら店番をしていた光景が忘れられません。

こんな古書店が、佐賀市内には他にも何軒かありましたが、
今はもう一軒もありません。

DSC00001

呉服元町アーケードの入り口です。
(2000年撮影)

DSC00002

この日は、ミニSLを走らせるイベントをやっていました。

左に見える衣料店のような店舗(元南里本店)は、
この数年後に火事で焼失しています。

NEC_0001

これがその時の写真です。

南里本店が閉店して、
その後ma'amマームと言う衣料品店に変わっていました。
そして2008年に火事になって、取り壊されています。

あと、656広場の方の入り口付近にあった店舗数店も、
2004年の火事で焼失して新しくなっています。

その時の写真です。
DSC02406

たまたま通りがかった時に、この状態になっていました。
DSC02407


古い密集した商店街は、どこか一軒から出火したらひとたまりもないですね。


先日本棚の整理をしていたら、
佐賀の映画館関連のアイテムがいくつか出てきました。

01

これは、1999年の黒澤映画祭の一般参加企画のチラシです。

02

建設予定だった黒澤記念館でのイベントのアイデアを募集する企画です。

03

参考例ですが、この7人の侍弁当は、けっこう受けるんじゃないでしょうか。

04

この黒澤映画のワンシーンを1分で再現するコンテストも、
なかなか面白そうです。

結局黒澤記念館は、幻に終わってしまいこんなコンテストも開かれることは、
ありませんでした。

黒澤記念館事件については、↓でも解説しています。



05

これは、2004年2月11日に文化会館で開催された中国映画祭の案内書です。

映画評論家の西村雄一郎さんの中国映画に関する講演の後、

「英雄・HERO」が、上映されました。

06

そういえば西村雄一郎さんのコラムが、新聞(佐賀新聞?)に連載されていましたね。


07

これは、1988年公開ランボー3怒りのアフガンの割引券です。

当時は、新聞広告にも入っていたような?



08

懐かしのニチユーが、提供していたようです。

09

裏面は、映画の一場面と簡単な解説とキャッチフレーズとなっています。

この20年後にランボー4が公開され、現在ランボーラストブラッドが公開中です。

ちなみにランボー1から最新作のラストブラッドまで、すべて映画館で観ました。

10

これは、スティーブマックイーンの遺作、

ハンターのカードです。

11

裏は、1981年のカレンダーになっています。

たしか有楽に観に行った時に、もらったものだと思います。






12
13

これは、去年の2月に閉店した元上峯サティに併設してあったシネコン、
ワーナーマイカルシネマズのチラシです。



14

1999年3月27日~4月30日と5月1日~6月4日の上映スケジュールです。

この映画館が出来たことで、佐賀市内の映画館が閉館に追い込まれましたが、
イオン(大和ジャスコ)とモラージュにシネコンが出来たことで、
このシネコンが閉鎖に追い込まれたのは、皮肉ですね。


15

これは、スターウォーズ特別版のチラシです。

帝国の逆襲とジェダイの復讐(帰還)


1997年に公開された、初期三部作のバージョンアップ版で、
一部CGの画像を加えて、爆発シーンなどが強化されています。

いくつか追加カットもあったと思います。


16

セントラルに観に行った時に、もらった物だったと思います。

17

これは、つい最近モラージュの映画館に置いてあった、
シエマのチラシです。

佐賀市で頑張って営業しているミニシアターですね。


18

たしか最近まで営業を自粛していたと思いますが、
やっと営業を再開したようです。


19

以前もデジタル化しなければならない危機を乗り越えているので、

今回のコロナ危機も乗り越えてもらいたいです。

今度、久しぶりにシエマに何か観に行きたいと思います。




【映画館の記録】在りし日のセントラル会館と取り壊し直前の朝日館







佐賀市中心部の昭和30年代後半~40年ごろの写真のつづきです。



11

昭和39年千代町

前年出来た、アーケードの入り口です。

おばちゃん2人の佐賀弁の会話が聞こえてきそうです。


12

同じく昭和39年の旧長崎街道入口です。

大丸進物店の前のガソリンスタンドは、数年前まで存在していました。

停まっている車が、時代を感じさせます。

13

昭和40年の松原神社前の様子です。


14

昭和40年松原神社角の交番の側の映画ポスター看板です。

東宝・日活・東映・松竹・大映・新若草・大洋・朝日・平劇・有楽・昭和・駅前・グランド・若草

これだけの映画館があります。

15

昭和41年千代町

向こう側から車を避けながら向かってくるのは、
マツダオート3輪でしょうか。


16

昭和41年市民会館落成祝い

写っているのは、松原神社前のパチンコ屋のようです。
女性が踊りを踊っているのでしょうか。

右側のコカコーラの看板の”日本一食堂”が気になります。






17

昭和41年、佐賀城の北側の風景ですね。

昔ながらの瓦屋根の家屋しかありません。

右上には、市村記念体育館が写っています。



18

昭和39年3月の牛島橋です。

交通量は、まださほど多くは無かったのでしょうか。


19

昭和39年の佐賀中央郵便局と商工会館前の様子です。

郵便局は、今とほとんど変わらないように見えます。

商工会館前には、大きな”サロンパス”の看板があったんですね。

現在、商工会館跡にNHKの佐賀放送局が建てられつつあります。

20


貫通道路、佐嘉神社前付近の交通の様子です。


21

移転する前の佐賀市庁舎です。


22

東京オリンピック聖火リレーです。

「史上最大の人出」らしいですが、

先日のディズニーパレードとどちらが多かったのでしょうか。


23

材木橋付近とその東側の佐賀線のガード手前の様子です。


24


旧長崎街道の八戸付近でしょうか。

それにしてもこの頃は、まだ江戸時代の雰囲気がこれほど残っていたとは、
オドロキです。

今こんな景観があれば、世界遺産登録されていた・・・

と言うのは言い過ぎかもしれませんが、歴史的町並みとして有名になっていたかもしれません。


写っている3輪の小型車は、マツダK360だと思われます。
古い街並みに溶け込んでいるようでいいですね。

25

佐賀城の南のお堀には、かつて貸しボートがありました。
(1996年頃まで)

子供の頃何回か、乗った思い出があります。

しかし昭和30年代には、ボートレースが行われていたとは知りませんでした。


26

松原神社の新馬場通りです。

雰囲気は、今もあまり変わらないようですが、
大きな鳥居と灯篭があります。

道路は、まだ未舗装のようです。

27

アーケードが出来た翌年の呉服町付近の様子です。


左が錦通りの突き当たりで、南里があった所でしょうか。
右は、アーケード入口です。

本屋らしい看板が見えますが、もしかして大坪書店でしょうか。

28

昭和39年の片田江の交差点です。

懐かしのストライプ柄の市営バスやマツダオート三輪が写ってます。
バイクの運転手がヘルメットをしていないのも、時代を感じさせます。

この後昭和46年に歩道橋が架けられ平成11年まで存在していました。








↑このページのトップヘ