SAGA佐賀マニア

佐賀に眠ったお宝を発掘します。

カテゴリ: 佐賀の歴史スポット



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



カンブリア宮殿で取り上げられるほど、

最近のJR九州では、”ななつ星”や”ゆふいんの森”
”特急かわせみ・やませみ”などの豪華列車を走らせて、
成功を収めていますが、

かつての国鉄末期には、
全国の赤字ローカル線の廃線ラッシュが続きました。


そんな廃線ラッシュの真っただ中に国鉄佐賀線も、

昭和62年(1987年)3月27日に、最後の日を迎えました。


それから今年で31年になります。


南佐賀駅から筑後川昇開橋までは、
サイクリングロードとして整備されていますが、

佐賀駅から南佐賀駅までの区間は、
現在どうなっているのか気になったので、
調べてみました。

01

佐賀駅から続く高架をたどっていくと、
佐賀線と分岐している地点があります。
02

線路上へ登るための鉄製の階段がありますが、
現在錆びついて、閉鎖されています。


03

高架が二股に分かれているのが、分かりますね。

04

高架が切断されている箇所です。

05


正面からも確認できます。

まさか切断されて箇所が、まだ残っているとは思いませんでした。



06

切断された先は、どうなっているのでしょうか?

江崎しろありの左側の道路が、佐賀線の跡です。

07

江崎しろありの少し先に、交差点があります。
この交差点は、高架になっていたようです。

08

その先の交差点です。

おそらくここも高架だったのではないでしょうか。

09

旧長崎街道との交差点です。

この辺は、土手のようになっていたようです。
長崎街道は、土手の中をくぐるようになっていたのでしょうか?

この先に、最初の駅”東佐賀駅”がありました。

10

ここが、東佐賀駅の跡です。

ここが駅だったことを示す痕跡は、何もありません。

11

その跡地から、道路を隔てて向かい側を見たところです。

現在駐車場になっていますが、当時は駅舎があったと思われます。


12

駐車場の裏には、なんとなく当時の駅前の雰囲気が残っています。

13

この辺の建物は、当時から存在していたものでしょう。

14

ここも当時から存在している建物ですね。
何かの店舗だったのかも知れません。

15

この辺の並びも商店だったと思われます。

16

先に進みます。

ここは、数年前に佐賀線跡が整備されてきれいな道路となりました。

17


道路が整備された時に出来た,”新曙橋”の交差点です。
この交差点も、高架だったのか?

18

そして、この南佐賀の交差点は踏切だったようです。

自転車が止まっている横断歩道の先から徐福サイクルロードとなります。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="9157140615">



19

これは、踏切に設置してあった注意書きです。

かなり痛んでいます。

20

南佐賀駅のホームと、現在も残されている引き込み線です。

21

ホームも当時のまま残されています。
向かい側は、公園として整備されています。

22

この駅舎も当時の物です。

23

運賃表と時刻表です。

瀬高まで、380円ですね。(1987年当時)
今の運賃に換算すると、1.5倍くらいにはなるかもしれません。

24

駅舎の中は、公衆トイレに改装されています。

これは、障害者用トイレです。

25

こちらは、男子用トイレです。

まずまずの清潔感を保っていました。

南佐賀駅は、この廃線跡で最も保存状態がいい駅です。

26

せっかくなので、昇開橋まで行く事にして先に進みます。

ここからずっと桜並木が続き、
桜満開ともなると桜のトンネルと化します。

27

右に見える家屋などは、車窓からも同じように見えていたのでしょう。
典型的なローカル線の風景です。

佐賀線には、何回か乗ったことがあるのですが、
車窓の風景などは、ほとんど記憶にありません。

28

当時の車窓から見ると、こんな感じですね。

29

道路を横断して、”光法みつのり駅”があります。

ホームが、ほぼ当時のままの長さで残っています。
ホームの上には、屋根付きの休憩所が設けられています。


30

かつて駅舎があった場所です。
現在は、空き地となっています。

31

ここからしばらくは、真っすぐな道が続きます。


32

そして”ふるさとちびっこギャラリー”という、
全国の子どもが描いた日本各地の市町村の絵が道に沿って、
展示されています

33

このような絵がはめ込まれているモニュメントが、
次々と現れます。

34

描いた子供の氏名や住んでいる市町村の人口、
特徴などが添えられています。

ちなみに1990年頃に描かれたものなので、
現在は、市町村合併により名称や人口などが変わっている所も
あるかと思います。

35

しばらく進むと、登りになります。

36

左を見ると、公園が整備されています。

そのちょっと先は、高架橋ですが手前に旧佐賀線の説明板が、
設置されています。

37


こんな案内板です。
かなり詳しい情報や貴重な写真が記載されています。

38

佐賀線についての説明です。

39

現在の佐賀線と筑後川昇開橋の写真です。

40

英語と中国語による説明文です。


41

そしてこれが非常に貴重な写真です。

走っている車を見ると、昭和40年代半ばくらいだと思われます。
SLが走っている最後の佐賀線の様子でしょう。

42

佐賀線の路線図です。

43

橋の上から208号線大川方面を見たところです。

44

こちらは、佐賀方面を見たところです。

45

橋を渡ると、下りが続き公園が現れます。

47

獅子の広場という公園です。

46


その先は、道路を横断します。
当時は、踏切になっていたようです。

48

そして先ほどの公園が続きます。

49


ここに展示されているのは、海外の子供が描いた絵です。

なぜ佐賀線跡に子供が描いた日本全国や世界の都市の絵が展示されているのか?
一体どういうルートで、こんな絵を入手したのでしょうか?

徐福サイクルロードが整備されてのが1991年なので、
これらの絵が展示されてからもすでに27年になろうとしています。

50

この辺りは、しばらく公園化された箇所が続きます。

51

一番広い場所がここ、ルックモールです。
かなり劣化しています。

52

奥に見えるのは、1990年頃の世界地図です。

この公園は、ルックワールドの日通旅行が、
関係しているのでしょうか。

しかしメンテナンスがされてないようで、
劣化が目立ちます。



style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">




53

そのすぐ先に、大きな建物が現れます。

54

諸富家具振興協同組合の建物です。

55


その建物と連結して、諸富文化体育館ハートフルがあります。


56

ドラゴンゲートプロレスの興行で、有名です。

57


そしてここは、元諸富駅があった場所です。

駐車場の東端に、ポツンとこんなモニュメントが建てられています。

目立たないので、気が付く人もほとんどいないと思われます。

58

廃線時の駅舎の写真。

59

諸富駅の説明文です。



1986年に撮影された、諸富駅から昇開橋を渡って、
筑後大川駅までの乗車記録がありました。

車窓の風景や筑後大川駅の様子など貴重な映像です。

映っている子供は、
現在40歳くらいになろうかという年でしょうか。

60

諸富駅の先からは、右にカーブして昇開橋へと続きます。
二股に分かれている右側が、佐賀線跡です。

61

この道路(国道444号線)を横切ると、昇開橋です。


62

昇開橋の前に展示してある、大きな写真と説明文のパネルです。

63

この階段を登ると昇開橋ですが、現在通行止めとなっています。

64

階段を登ったところに設置してある、諸富駅から移設したと思われる、
駅名板です。

65

昇開橋の前は、このようにパネルで閉鎖されています。

68

復旧工事の状況説明です。

どうやら熊本地震の時に、ダメージを受けていたようです。

69


バランスウェイトをぶら下げていた、ワイヤーロープの
ガイドローラーが、破損しているようです。


70

現在部品の交換・修理作業がなされているとのことです。

3月31日に復旧工事は完了する予定のようです。

66

近くのモニュメントには、貴重な写真がいくつも展示されています。


これは昭和初期?の昇開橋を渡る列車です。

67


昭和62年(1987年)3月27日、佐賀線最終日のさよなら列車と、
国鉄諸富駅の写真です。


71


諸富駅?の切り替え機らしき物が、モニュメントとして展示されています。

72

佐賀線が開通する以前の馬鉄(馬が引く客車)が走っていた頃の、
(大正時代)諸富駅付近の写真です。

当時は、かなり珍しかったと思われる自動車が写ってますね。
右側に写っている女性2人の服装にも注目です。


73

これも貴重な、大正時代の乗車券の写真です。

74

昭和30年代前半の渡し船の様子です。
子どもたちが大勢乗り込んでいますね。

服装から真夏に撮られたものだとわかります。

75

これは、トラックが渡し船に乗せられている写真です。

手前のオートバイも順番待ちをしているようです。


76

昭和32年に渡し船は、廃止されたようです。

料金ですが、終戦直後で人が5円、自転車が10円、
オート3輪・トラックが100円なっていますが、

本当にかなり割安なのでしょうか?

気になったので、ちょっと調べてみました。

昭和25年の物価です。

白米1升60円    砂糖1キロ310円    卵1個15円    ビール1本130円   
そば・うどん15円    コーヒー30円   

昭和30年だと、

白米1升98円 砂糖1キロ150円 卵1個14円  ビール1本125円
そば・うどん30円    コーヒー50円
 
参照元:http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J077.htm

こんな物価なんですが、本当にかなり割安と感じていたんでしょうか?
結構高いような気がしますけどw

なんか現在の物価と比較しているような気がしますがどうでしょうか。


まぁ橋が開通したら、誰も渡し船には乗らないですね。


78

これは、最近新しく展示された写真です。

明治時代の対岸の様子を写したパノラマ写真です。

79

左側には、深川精米という精米所があったようです。


80

中心は、製缶所、右は造船所となっています。

81

こんな本格的なドックがある大きな造船所があったとは、
驚きです。

82

これが、徐福サイクルロードの”徐福”像です。

徐福とは、秦の始皇帝が不老不死の薬を探すために派遣した、
使者です。

その徐福が、諸富の辺りに上陸したという伝説があるようです。

83

ここに来たのかはともかく、徐福自体は存在していたようです。

84

伝説によると、徐福は金立山に登って不老不死の薬草を発見した
ことになっています。

驚くことに、茶屋の娘”お辰”と恋に落ちたらしい。

2200年前の日本と言えば、弥生時代の真っ最中です。
吉野ヶ里で、お辰と出会ったのでしょうかw

お辰なんて、江戸時代の町娘の呼び名だろう!

などというツッコミは、いけません。

85

最後に、ここには”橋の駅ドロンパ”という物産販売所が、
あります。

特産のイチゴやメロンや有明海の海産物が販売されています。


昇開橋から先の佐賀線跡の現状も気になるので、
後日調査しようと思います。


■参考サイト

●プラットホームの旅


廃線前の佐賀線の駅の写真が掲載されています。

●国鉄佐賀線の思い出

佐賀線沿線に住んでいた人が記録した佐賀線の思い出。
最終日の佐賀線の様子が記録されている貴重なサイトです。



こちらは諸富から昇開橋を渡ったすぐの駅、
筑後若津駅までの映像です。



これは、筑後大川駅から佐賀方面への上りの車窓です。























にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

数年前まで、県立博物館の入り口に展示してあった、
鉄製の大砲が、いつの間にか無くなっていたと思ったら、

佐賀城本丸歴史館の庭に展示してありました。

01

佐賀城の鯱の門をくぐると、目の前に鎮座しています。

博物館前に展示されていた時には、こんな砲座には乗ってなくて、
砲身も錆びて赤くなっていましたが、

現在は、黒く塗られて実際に配備されていた時と同じような、
砲座に乗せられています。


02

24ポンドカノン砲の説明板です。

フェートン号事件、アヘン戦争に危機感を持った佐賀藩は、
短期間の内に鉄製大砲の鋳造に成功しています。


NHKの大河ドラマ”西郷どん”で話題の薩摩の島津斉彬も同様に危機感を持って、
反射炉の建設を行うなど、開明的な人物として有名ですね。


そして幕府からの注文で製造した大砲を、
江戸のお台場に設置しすることになりました。


今でこそお台場は、お台場海浜公園として、
東京の観光地と化していますが、


お台場の台場とは、砲台の事だと知っている人は、
どれくらいいるのでしょうか?


ちなみに24ポンドカノン砲の24ポンドとは、
砲弾の重さの事で、24ポンドは約10キログラムほどです。


03

この大砲は、佐賀藩が鋳造したものでは無く、
1820年頃アメリカで製造された物の輸入品だそうです。


04

この大砲は、前装式の大砲なので砲尾は開きません。

05

このハンドルを回して、上下の調整をするようになっています。

砲身尾部の上には、小さな穴が開いていて点火するための火薬を盛るために、
少しへこんでいます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



06

本丸歴史館の入り口前にも、貴重な大砲が3門展示されています。


07

これが、アームストロング砲(レプリカ)です。

08

こちらは、砲弾を後ろから込める後装式で、
砲身内部には、砲弾を回転させるための螺旋状の溝
(線状痕・ライフリング)が彫ってあります。

これにより砲弾が回転して飛ぶので、命中精度が格段によくなります。

09


アームストロング砲の説明板です。

この大砲は、当時の最先端の技術が使われた大砲で、
砲身を作るのにも、筒を3段階ほど重ねたり、

先ほどの線状痕を彫るなど24ポンドカノン砲とは、
比較にならない高度な技術を要します。

10

見るからに24ポンド砲とは、次元の違う近代的さを感じます。

砲尾は、(半回転または4分の一回転?)させると開くようになっていて、
砲弾(丸ではなく現在の砲弾と同じような形)と火薬(の袋)を込めて、
閉じます。

11

そして、砲尾から突き出た棒状の信管(取り外せる)に点火薬を入れて、
雷管を叩くか、マッチのような摩擦で点火させる仕組みだと思われます。

アームストロング砲の欠点として、発射の圧力でこの信管が張り付いて、
抜けなく(にくく)なるといった問題があったようです。

いずれにしても、このアームストロング砲を作れたのは、
イギリス以外のヨーロッパでもごく一部の国しかなく、

アジアの一角でしかない佐賀で、これを独自に作ったという事は、
まさに驚愕に値します。



12


そのアームストロング砲の傍らには、こんな小さな大砲が2門展示されています。
これは、モルチール砲という臼砲(きゅうほう)で、

臼(うす)に似ているから通称臼砲と呼ばれています。

この臼砲は、砲弾を放物線を描くように飛ばして、
城壁の向こう側や山や丘の反対側を攻撃するのに向いた大砲です。


13

写真右側が、オランダ製となっています。

14

左は、それを参考に(模倣)して佐賀で鋳造したらしい砲です。

15

分厚い青銅製です。

砲弾は、前から込めます。

16

見た目は小さいですが、重量は1.2トンもあるそうです。

17

砲尾には、このような小さな穴が開いていて、
点火薬を盛ったり、導火線をさせるようになっています。

大砲マニアは、これらを見るだけで1時間くらいは過ごせるかもしれませんw

佐賀城本丸歴史館へお越しの際には、
ぜひこれらの大砲にも注目していただきたいです。










にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


佐賀市大和町に、全国的にも珍しい貴重な文化遺産があります。

01


「しってんさん」です。

02

古墳のように盛り上がった塚に「しってんさん」が、あります。

03


「しってんさん」とは、四天王(してんのう)さんが変化して、
このように呼ばれるようになったらしいです。


04

このように四天王像が4体向かい合うように、設置してあります。


05

設置されたのは、平安時代後期から室町時代にかけて作られたらしいですが、
詳しい事は、不明のようです。

06

数百年の歳月を物語るように、風化が進んでいます。

07

中央にある石塔です。

見学に来た時には、近所の人がお参りをしていました。

08


いつ誰がこれを作ったのかは謎のようですが、
意外と身近な所にもこんな貴重な遺跡があるものです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村



1月2日佐賀市大和町にある、男女神社(なんにょじんじゃ)
まで初詣に行ってきました。

縁結びの神社として知られる神社ですが、
訪れたのは初めてです。

00

長崎自動車道の側道を走っていると、鳥居が現れます。


01

そこから1.3キロ山の方に登っていきます。

02


車がすれ違うには、やや狭い道を北に向かって進みます。

03

結構急な道を登って、男女神社へ到着。
駐車場は、ここ以外にちょっと下にもう1か所あります。

04

この鳥居をくぐって境内に入ります。

05

この神社の付近では、戦国時代の元亀元年(1570年)に大友氏の本陣を、
龍蔵寺側の少数の部隊で夜討ちして大将を討ち取った、
佐賀の桶狭間と言われる、今山の戦いが行われて、
その時に焼け落ちその後再建されたようです。

06

山の上なので、非常に見晴らしがいいです。

初日の出を見るのにも絶好の場所かも知れません。

07

お正月なので、それなりに参拝客は多いです。

大きな神社のように大混雑しているわけでは無いので、
何か穏やかな雰囲気に包まれています。

08

寒いので、焚火がたかれていました。
これがまた心地いい暖かさです。

09


まずは、お参りします。

16

男女神社の由来です。

ご神体は、イザナギノミコトとイザナギノミコトとなっています。
だから縁結びの神社なのですね。


17

当然子宝や安産祈願に訪れる人が多い神社です。

10


男女の象徴をかたどったご神体”鞘の神”
全国的によく見るご神体です。




12

この日は、無料のぜんざいが振舞われていました。

13

餅が2つ入っていて、美味しくいただきました。


14


さらに熱いお茶もセルフサービスで飲めるようになっているなど、
おもてなしがありがたかったです。

15

この焚火の温かさが身に染みる。


18

端の方に石碑が建っているのが気になったので、見に行ってみると、

19

秩父宮殿下御展望記念碑となっています。

実は、昭和初期(昭和6年1931年)に陸軍の演習が行われた時にここから
演習の様子を見学されたようです。

男女神社は、山の上にある事もあり非常に眺めがいい立地条件にある、
厳かな雰囲気の神社でした。








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀駅の西側広場へ行く通路の途中に、
懐かしい旧佐賀駅の写真が展示されていました。

00

こんな風に展示してあるのを偶然見つけました。
新佐賀駅40周年記念で展示してあるようです。

01

これは昭和30年代初期の佐賀駅だと思われます。
佐賀市営バスが数台停まっています。

ボンネットトラックが時代を感じさせますね。

02

昭和38年の佐賀駅です。

グリコの大きな塔が立っていた時期です。
佐賀駅の名物だったという事を聞いたことがあります。

03

昭和50年12月の佐賀駅です。

グリコの塔は、数年前には撤去されていると思われます。
新駅移転直前の様子ですね。

04

これも同時期だと思われるカラー写真です。

当時はただの古い駅舎にしか見えなかったですが、
今見ると、風格のある立派な駅舎ですね。

昭和レトロに価値が見いだされる現在、これが残っていれば、
鉄道遺産としてもてはやされている事だったでしょう。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">




05

これは昭和天皇が、お召列車で佐賀に立ち寄られた時の様子です。

06

人々の服装から、1974年の夏だと思われます。
混雑していますが、お盆の時期なのでしょうか。

07

1978年の高校野球佐賀代表が甲子園に向かうところだと思われます。


08

同じく甲子園へ向かう高校球児の見送りですね。

09

1990年は、大雨で冠水した時の様子です。

1991年は、駅前にプールらしき物を設置して何かイベントをやっています。

10

これは、新佐賀駅建設中の貴重な写真です。
古い住宅地を更地にしている所です。

手前に見える数軒の住宅も撤去される寸前でしょう。


11

貨物列車が集まる引き込み線でしょうか。


12

列車の後ろのビルは、今もある農協のビルでしょうか。

今は、高架橋の線路がビルの後ろを走っています。

偶然見つけたのですが、懐かしくて貴重な写真だったので、
しばらく見入ってしまいました。








佐賀へ行くなら格安航空券で!








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ