SAGA佐賀マニア

佐賀に眠ったお宝を発掘します。

カテゴリ: 気になるお店

多久市に昭和レトロのお店がオープンしている情報を得ていたので、
先日訪問しました。

01

入口です。

ここだけ見ると、まるで昭和30年代の商店のようです。

02

お店の前には、あのダイハツミゼットが停まっています。

ちゃんとナンバーも取得されていて、運転できるように整備されています。


03

超簡素な運転席です。

計器は、スピードメーターだけですね。

今は無くなった、懐かしのチョークレバーが付いています。
冬の朝などチョークレバーを引いてエンジンをかけていたのでしょう。

もう自動車からキャブレーターが無くなってずいぶん経つので、
チョークレバーって何?

と言う人がほとんどではないかと思います。

04

かなりの積載量がありそうな荷台です。
現役の頃は、何を運んでいたのでしょうか?

たまに近くを走りまわっているとの事ですが、
速度は、50キロくらいしか出ないそうですw

でも走れるだけでスゴイです。






05

こんな木枠の引き戸は、ほとんど見る事はなくなりました。


06

中に入ると、こんなホンダのオートバイが置いてあります。
エルシノアという70年代のオフロードバイクです。


07

壁に掛けられている、スティーブマックイーンの大きなポスターは、
店長さんによると、ホンダのバイク屋の販促用だったとの事。

かなりの貴重品だと思われます。
その隣には、黒沢映画のポスターが掛けられています。

08


棚の上には、雪印の牛乳用木箱とその上にプラモが、積まれています。
昔のおもちゃ屋や文房具屋の片隅は、こんな感じでしたね。


09

きれいに整備されているエルシノア。
デザインの美しさが際立っています。

こんなきれいなエルシノアも貴重だと思います。






10

棚の中にも、ビール瓶やグリコ牛乳の木箱、その他昭和レトロな小物が、
詰まってました。

11

コカコーラのテーブルでくつろぐことも出来ます。
店内は、モノがたくさんある割には整理されていて、
雑然とした感じがあまりありませんでした。


12

懐かしの70年代ラジカセとレコード、手回しの鉛筆削りです。


13

これは珍しい、ハーレーダビッドソンの子供用自転車です。
こんな状態の良い物は、珍しいそうです。

この後、駄菓子を袋ごと大人買いして店をでました。


14

外に停まっていた、70年代の自転車を見ていると、
まるで自分がこんな自転車で乗りつけて来ていた、
70年代の駄菓子屋の光景が蘇り、懐かしさがこみ上げてきました。

三輪商店、思ったより充実していてかなり楽しめました。

昭和レトロの小さな博物館としていつまでも営業していてほしいお店です。







<br />
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

以前から気になっていた古くからある食堂に、行ってきました。

佐賀市呉服元町にある、

一番食堂です。


01


昭和の典型的な大衆食堂です。
建物の佇まいも昭和ですが、中の雰囲気がまたディープです。







02

老夫婦2人で、経営されています。


この雑多な雰囲気と年季の入ったテーブルや椅子のおかげで、
まるで昭和40年代にタイムスリップしたかのような錯覚に囚われます。


はっきり言って、このディープさは最強クラスといっても過言ではありません。
まさかここまで昭和40年代の雰囲気そのままとは・・

思わず唸ってしまいました。


ちなみにこの日は、8月の終盤で猛暑日でしたが、
店内にエアコンは無く、扇風機のみでした。



03


しばらくすると、麦茶を出してくれましたが、
この麦茶の味と店内に沁みついた独特のにおいが、

幼少の頃連れて行ってもらった、食堂の記憶を呼び覚ませてくれます。


思えば、ファミレスなどなかった頃は外食と言えば、
デパートの食堂かこんな個人経営の食堂でした。


04

メニューです。

丼物と麺類が、ずらりと並んでいます。


05


さらに裏面にもこんなにたくさんの種類が載っています。

本当にこんなたくさんの種類を提供できるのだろうかと心配になるほどですw


今回は、からあげ定食(600円)を注文してみます。


その後、店内を観察していると、常連と思われるオッサン連中が、
次々に現れて、とりあえずビールから刺身類を注文して、

ダベり始めます。


そのオッサン連中の格好と言い雰囲気と言い、
コテコテの?昭和のオヤジとしか言いようがなく、


その話の内容というのがまた、いつの時代の話ですか?

というような物で、

会社の旅行に、飲み屋のオネーチャンを連れて行ったとか、

”バブルの頃の話かよ!”

と、心の中で突っ込みを入れずにはいられないほどでしたw


もちろんオッサン連中は、普通にタバコを吸っています。

分煙などの配慮があろうはずもないです。


06


そしてからあげ定食が運ばれてきました。

どうですか、この家庭料理感は!

他ではなかなか味わえません。



07

これは、カレー味で煮込んだ野菜と鶏肉の煮込みです。

これが、まさに田舎の婆ちゃんの味といった懐かしい味で、
美味しかったです。

からあげは、外カリカリ中グチャグチャ系で、普通においしいと思います。



オッサンたちの話を聞きながら、箸を進めていると、

突然つけっぱなしになっていたテレビから、ちびまる子ちゃんのテーマが流れてきます。



その瞬間、この食堂の雰囲気とちびまる子ちゃんの世界観が融合した、
不思議な感覚を覚えます。


まさに昭和40年代から時間が止まった空間がそこに出現しているとしか言いようがなかったです。


ちなみにここへ行った数日後に、さくらももこさん死去のニュースが流れて、
より一層ちびまる子ちゃんの世界観との縁を感じることになります。

08

ここで定食を食べていると、なんだか子供の時、
婆ちゃんが作ってくれた晩御飯を食べている時の思い出が蘇りました。

それほど素朴な感じの味です。


ここは、夕方以降は近所のオッサンたちの社交場と化しているようなので、
一元さんが入ると、場違い感を味わう羽目になります。


お昼には、ランチ(500円)もやっているようなので、
落ち着いて?食べたい人は、夕方になる前に行った方が良いでしょう。


しかし敢えて、(超ディープな)昭和40年代の雰囲気に浸りたい人は、
夕方6時以降に行ってみてください。








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

久し振りに333へ行ってきました。

しばらく閉店していたので、心配していましたが、
営業が再開されていたので、寄ってみました。

01


店長さんが、ちょっと体調が悪かったらしいですが、
今は、完治?されているみたいです。
元気で営業されていて、安心しました。

02

店内は、明るくて清潔感があります。

03

これは、日替定食の例です。

このお店の特徴は、家庭的な雰囲気の料理ながら非常に品があるところです。

08

この日のおススメメニューから、
和風青椒肉絲を選びました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



04

しばらくして、出来上がったのがこの青椒肉絲定食です。
見た目もキレイで、いいですね。

05

こちらは、隣の人が注文したハンバーグ定食です。
美味しそうですね。

06

青椒肉絲は、和風と言うだけあって、
あっさりした風味に仕上げられています。

ピーマンのほろ苦さと、甘辛いソースの味がミックスされた、
上品な味でした。


09

ごちそうさまでした。

10

店長のお姉さんです。

気さくで、料理の味付けを常に試行錯誤されている、
研究熱心な方です。

女性のおひとりさまでも、気楽に来店できるお店です。



営業時間は、午後6時くらいから11時ごろまで
(店休日は、日曜日)

佐賀市巨勢町牛島576-27
0952-27-6233



<br />
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

いつか行こうと思いながら、延び延びになっていた、

伊万里のドライブイン鳥へ行ってきました。

やき鳥で有名なお店です。

01

午後6時ごろ到着すると駐車場は、ほぼ満車でした。

02

いかに鳥にこだわりがあるかを主張する看板。

03

入り口です。

04

中に入ると、壁にメニューがベタベタ貼ってあるのが目につきます。

05

入り口の待合所には、すでに多くのお客さんが待っています。
これはかなり待つことになりそうと、覚悟して予約します。





06

なんとこんなタッチパネルの端末に、名前を打ち込んで順番を待ちます。

07

待っている間に、メニューを見ながら何を食べるか決めておきます。
定番のやき鳥定食を食べてみることにします。

08

待合室の窓の上には、
こんな風に、有名人の色紙がどっさり貼ってあります。

09

30分ほど待って、席に案内されました。
このコンロで、鶏肉を焼くようです。

中の雰囲気は、昭和の食堂を彷彿とさせます。

10

さあ、鶏肉が運ばれてきました。
見た目がキレイで、美味そうですw


11
12

そう言えば、ここはアニメ”ユーリ”に出てくることで、
聖地(の一つ)になっているとか。

13


次に、とり飯とスープが運ばれてきました。
盛り付けがいかにも昭和です。


15

コンロに点火して、いよいよ肉を焼き始めます。

16

これが、(たぶん秘伝の)タレです。

17

鶏肉が焼ける香ばしい香りが漂ってきて、
食欲がそそられます。

18

タレに浸して、食べると・・・

なるほどこれは美味い!

焼きたての質の高い鶏肉と、(秘伝の)タレが織りなすハーモニーw



19

さらにどんどん焼きます。

とり飯も鶏のエキスが浸み込んでいて、
素朴で味わい深く、スープはとても品のある味でした。

値段もリーズナブルで、満足感は高かったです。

これなら繁盛していて納得です。





NHKの人気番組”鶴瓶の家族に乾杯”で紹介された食堂、
「ドライブインかみや」さんのカツ丼が美味いという話だったので、
確認してきました。

01

国道34号線沿いの、大町駅と北方駅の間(北方駅寄り)にあります。

02

外見は、昭和のドライブインと言ったところです。

03

午後2時前でしたが、常連さんと思われるお客さんたちで、
大賑わいでした。


13

地元では、有名なお店だけあって多くのTV取材を受けているようです。
あの間寛平さんも来ています。

04

おすすめメニューの筆頭かと思いきや3番目でしたw

次回は、ちゃんぽんにチャレンジしてみようと思います。

05

メニューを見ると、豚カツやハンバーグ定食、牛丼や親子丼もあります。
一瞬迷ったものの今日は、かつ丼の確認なのでやっぱりカツ丼を注文します。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



06

しばらくしてカツ丼が運ばれてきました。(720円)

07

これが御年85歳というお婆ちゃんが作っているというカツ丼です。

08

みそ汁も付いています。

09

普通のカツ丼とは違って、カツと卵を一緒に煮込まず別々に作って、
カツに卵をかけるという独特の手法なのがウリだとか。

10

なるほどカツに卵が浸み込んでなくて、サクサク感があります。


11


完食です。

確かにここでしか味わえないような独特の食感を持ったカツ丼でした。



12

さらに食後のコーヒーも無料で付いてきます。
満足感もあり、リピート客が多いのも頷けます。

住所 佐賀県武雄市北方町志久96-6







にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ