SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

カテゴリ: 佐賀情報



行列のできるお店には、理由がある。

という事で、南佐賀の定食屋に行ってきました。

馬乃米(うまのこめ) 佐賀南店」です。

1号店は久留米で、ここ南佐賀店は2号店との事です。

この定食屋のウリは、リーズナブルな価格で海鮮料理を食べられるというのですが、
果たしてどうだったのでしょうか。


02

安さを主張する、定食390円(から)の看板。
これだけで、なんとなく入ってみたくなります。

ちなみにこの店舗は、ここ10年間でうどん屋→ラーメン屋→定食屋→
うどん屋(間にまだあったかも?)と、どんどん入れ替わっている、
いわく付きの物件です。

場所は悪くないのに、短期間で入れ替わる店舗がありますよね。
そんな店舗の一つです。

01

開店ちょっと前ですが、ウワサ通り10人ほどが並んで待っていました。

03

開店したので、店内へと入ります。

ついこの前までうどん屋だった店舗を、ほぼそのまま居抜きで使っている雰囲気です。

そのうどん屋にも1回行きましたが、これと言った特徴もなく値段も普通だったので、
ほとんど印象に残っていません。

2年ほど続いていたようですが、
たぶんリピーターは、少なかったと思われます。

04

このテーブルも以前のうどん屋そのままのような雰囲気です。






05

おひとり様なので、カウンターに座ります。

しばらくすると、テーブルまであっという間に埋まりました。

06

メニューを一瞥すると、なるほどどれもリーズナブルな価格となっています。

初めてなので、やはり定番と思われる定食にしようと思い、
マグロカツ定食(税込780円)を注文しました。

ここは、入り口の券売機で先払いするシステムとなっています。

07

しばらくして、店員さんが運んできました。
待ち時間は、数分程度だったと思います。


08

これがマグロカツです。

見た目はチキンカツっぽいですね。

みなさんだいたいこれを求めて、ここに来るみたいです。

やっぱり”マグロ”という高級魚のカツが安く食べられるという、
お得感が人を呼び寄せるのは確かです。


09

あと、味噌汁と、

10

サラダと大根おろしが付いています。

12

これは、カツにかけるソースとポン酢です。
今回は、真ん中のカツソースをかけてみました。

11

このご飯は、お替り自由となっています。(セルフサービス)
このサービスも、お得感を増します。

で、肝心のマグロカツの味はどうだったかというと、

サクッとしたカツの歯ごたえと共に、
脂の乗った感じのマグロの風味が口に広がり、
絶品・・・とまでは行かなくても、

十分満足感を得られる味でした。

ご飯お替り自由で、税込み780円ならかなりお得感を感じるでしょう。
リピートしたくなる定食屋さんです。

なるほどこれなら行列ができるのも納得です。






幹線道路を走っていると、時折回転焼きのお店を見かけることがありますね。
なんとなく寄ってみた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もたま~に、そんなお店を見かけると寄ってしまいまいます。

回転焼きと言えば、黒あん・白あんが定番でクリームともう一種類くらいあるというのが、
大半ですね。

しかし牛津のオックスフォードさんには、そんな常識?をくつがえす、
驚きの種類の回転焼きがあります。

もっともオックスフォードさんでは、回転焼きとは呼ばずに、”カルチャー焼き”と呼んでいますが。

ちなみに回転焼きと呼ぶのは、九州(北部九州?)で、
他の地域では”大判焼き”今川焼”などと呼ばれています。


前置きが長くなりましたが、カルチャー焼きを紹介します。






08

お店の入り口。
01

ちょっと離れて見ると、このようにかなり独特の雰囲気を醸し出しています。

03

新商品のチラシです。

納豆”です。

たぶんここだけにしかないと思います。

まぁ好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

ちなみに全部で18種類のカルチャー焼きが、あります。

menu

※オックスフォードさんのFBよりお借りしました。

実にいろいろな種類のカルチャー焼きがありますね。
どれもおいしそうです。


それでは今回食べたカルチャー焼きを紹介します。

04

今回は、ベーコンポテト・黒あん・たこやきの3種類を食べてみました。

10

黒あん

11

たこやき

12

ベーコンポテト






個人的な感想ですが、

黒あんは、まぁ定番なので安心できる味です。

たこやきは、回転焼きの皮とたこ焼きの味との微妙なアンバランス感が、
魅力?ですね。

ベーコンポテトは、味のバランスがとても良くかなり満足しました。
スパイスが効いているのが非常に好みです。

このオックスフォードさんは、人気店らしく頻繁にお客さんが訪れていました。
なかなかこれだけ多くの種類の回転焼きが楽しめるお店は無いので、
また別の種類にチャレンジしようと思います。



国内と海外の観光情報を発信している、

TripPartnerトリップパートナーさんに、記事を提供させていただきました。


佐賀のお城を紹介した記事です。




全国各地の観光地やおススメのお店などの情報が、
毎日追加されているサイトなので、ぜひ旅行に行く時の参考にされてください。








佐賀市にあるうどん屋”翔”がリニューアルしているので、
久しぶりに行ってきました。


01

リニューアルした建物です。

以前のイメージを損なわないレトロ調な建物になっていました。


02

店内は、テーブル席と

03

座敷があります。

これは旧店舗と同じです。






04

さあ、何を注文しましょうか?


05

翔と言えば、やっぱり丼物とうどんのセットですね。


と言う事で、

06

かき揚げ丼定食うどんを注文しました。


07

このかき揚げのボリュームがスゴイです。

08

こちらがうどんです。

セットだからミニサイズと言うわけでは無くて、普通サイズです。


09


翔のうどん麺は、平べったくて幅が不揃いなのが特徴です。

つるっとした触感が、たまりません。

これぞ翔のうどんと言った趣です。


まぁとにかくかき揚げのボリュームと相まって、
普通の人なら腹一杯になること請け合いです。


がっつり食べたきゃ翔に来い!


とか言うキャッチフレーズがあってもいいくらいのボリューム満点のセットに、
満足しました。


〒840-0045 佐賀県佐賀市西田代1丁目1−2

営業時間:11時00分~15時00分, 17時30分~20時45分
水曜定休日






<br />
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀市内の昭和30年から40年にかけての写真です。

01

昭和30年の夏。

多くの人が水遊びをしています。
官人橋は、昭和28年に掛けられたばかりです。

龍登園は、まだなかったので写っていませんね。(昭和36年に開業)

02

昭和30年の蓮池です。

女性が写っている店舗は、貸本屋のようです。
この頃は、貸本屋全盛期でしょうか。


03

昭和30年の唐人町の様子です。

今とは全く違った雰囲気です。
車もあまり走っていなかったようです。



04

昭和30年の旧長崎街道思案橋の辺りです。

まだ江戸時代の街道の雰囲気がかなり残っています。

05

昭和30年の家電展示会。

場所はどこなのか?不明です。

まだテレビは、高嶺の花でしょう。

一番の目玉商品だったハズです。







06

昭和31年の協和館。

現在の佐賀中央郵便局の場所にあったそうです。

かなり傷んでいるようにも見えますが、
この翌年、解体されて平成15年まで佐賀城の天守台に移築されていました。


07

昭和33年旭橋の開通式。

材木橋から北へ入った交差点にある橋です。
この当時は佐賀劇場もありました。


08

昭和39年の佐賀市中心商店街と言う事ですが、
はっきりした場所は、不明です。

人通りも多く、賑わいを感じます。


09

昭和39年呉服町です。

アーケードが出来た翌年ですね。

移転前の玉屋と南里が写っています。


10

昭和39年白山郵便局跡となっていますが、
どの辺りなのでしょうか。

現在の白山郵便局は、白山アーケードの入り口にあります。


その2へつづく








↑このページのトップヘ