SAGA佐賀マニア

佐賀に眠ったお宝を発掘します。

カテゴリ: 佐賀情報


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">




「いや~映画ってホントにいいものですね~」

で、おなじみだった映画解説者の水野晴朗さんが、
佐賀に来たことがあります。

2003年6月11日の事です。


当時水野さんは、自身が監督・主演の映画、


「シベリア超特急3」

の全国行脚キャンペーンをやっていて、

アシスタントのぼんちゃんと一緒にセントラル会館へ現れたのです。

00

そのセントラル会館もすでに2007年に閉館しています。
ビル自体も老朽化が進んでいる感じです。


ところで、シベリア超特急と言えば、


水野さんが長年の夢だった映画製作を実現した事で話題になりましたが、
(ちなみに最初のシベリア超特急は1996年公開です)

そのあまりにぶっ飛んだ内容と、チープな映像と、
水野さん演じる主演の山下大将のド素人演技やラストのどんでん返しなどなど、

トンデモ映画として(ある意味)映画史に残る迷作と化しています。

01

上映の前に、水野さんとぼんちゃんが全国行脚や映画の裏話をしてくれました。


この時、水野さんが例の名調子で自分の映画を解説するのが見事で、
この解説を生で聞けただけでも満足でした。


そして映画が始まりましたが、
はっきり言って映画の内容はほぼ覚えていませんw

でもそれはどうでもいいんです。

水野さんに会って、解説を聞ければ映画はどうでもいいんです。
(すいませんそんなわけはないです)

ここに来ていた人も、みんな水野さんに会いたくて来ていたに違いないのです。


02


映画が終わった後、しばらく待合室で談笑していました。
この時の印象は、

”本当に映画が好きで純粋な人だな~”

ここでも映画解説の話をされていましたが、
あのやわらかな口調で、話されているのを聞いていると、
幸せな気分になってきたことを思い出します。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">




余談ですが、昔のTVのロードショーでは(今もある事はありますが)
水野さんはじめ何人かの映画解説者の解説がありました。


サヨナラサヨナラ・・でおなじみの日曜洋画劇場の淀川長治さんは、
独特の口調で、期待感を高めてくれました。


月曜ロードショーの荻正弘さんは、何か分析的な解説で、
思わず解説に引き込まれてしまいました。

そして一番好きだったのが、水曜(のちに金曜)ロードショーの
水野晴朗さんです。

あのにこやかな顔で、これから始まる映画を楽し気に語っているのを聞くのが、
楽しみで仕方なかったです。

結構マニアックな裏話もしてくれるので、
ある意味本編より解説が楽しみだったほどですw

そして終わってからの解説と次回予告のあとの決め台詞、

「いや~映画ってホントにいいものですね~」

を聞いてから寝てました。

やっぱりこれを聞かないと、終わった感じがしなかったですね。


03

これは、その日に水野さんからもらったサインです。
写真は、自分で貼ったものです。


水野さんは、この後もシベリア超特急シリーズを作り続けて、
(5まで制作されてなんと舞台劇まである)

2008年に亡くなられました。

映画への情熱を生涯持ち続けた人生ですね。

生前お会いする事が出来たのは、大切な思い出となっています。

閉鎖されて、だんだん朽ちていくセントラル会館のビルを見ていたら、
この日の事を思い出してしまいました。




みうらじゅんのシベ超大検証 [DVD]
みうらじゅん
エースデュース
2009-07-17









にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">




1月9日と10日に行われた、
与賀神社の十日えびす祭に行ってきました。

01

参道には出店が並んでいて、祭りの気分を盛り上げます。


03

神社の側には、子供たちが描いたえびす様の絵が展示されていました。


02

神社の境内は、大勢の人で賑わっています。

04

日程表です。

05

参拝する人の長い列が出来ています。

06

特設ステージでは、太鼓の演奏が行われています。
なかなかの迫力でした。

07

販売コーナーは、大盛況です。

08

おこわや肉まん、いきなり団子が飛ぶように売れていきます。

お祭りの雰囲気に感覚がマヒして財布のひもが緩みまくりますw

09

子どもも興奮しています。
子どもの頃に行ったお祭りの思い出は、一生モノですね。

こんな祭りを経験する事で心の中に地元愛が根付いていくものです。

10

福引の景品交換所は、大混雑していました。

11

やっぱりお祭りには、特有のワクワク感を感じます。

これは日本のいい文化の一つだと思います。
このような伝統は長く受け継がれて欲しいものです。





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

かつて佐賀市呉服元町のアーケードにあった、

「寿屋」のチラシを発見しました。

01


おそらく1984年頃の物だと思われます。

広告のコピーから、3月頃制作されたものでしょう。

02


テーブルやラックの値段を見ると、今と変わらない?


03


むしろディスカウントショップが増えた今の方が安いかも。


04

裏面は、家電品が中心です。


05


冷蔵庫は、このサイズでは当時安かったかも。

エアコンは、今と比べるとかなり高いですね。
今なら49800円とかで買えるので、3倍くらいします。


06

こちらは、冷蔵庫とテレビ・ラジカセです。

注目すべきは、テレビとラジカセの値段です。
34800円と39800円とは、かなり高いです。

炊飯器とオーブントースターは、今とほぼ同じくらいの価格です。

その下にビデオテープの値段が書いてありますが、

L-500・900円、T-120・1000円となっています。

L-500とは、ベータビデオ用のテープで、
T-120は、VHS用のテープです。

どちらも標準モードで2時間録画出来たと思います。

でも標準モード(ベータではベータ2)で録画する事は、
よほど貴重な番組(映画とか)を録る時以外は、
使いませんでした。


通常は、6時間録れる3倍モード(ベータ3)で録画していたものです。


ビデオテープは、結構高かったのでTV番組を何度も上書き録画していて、
最後には、色むらとかノイズが出まくっていたものですw


07

自転車の値段は、今もほぼ変わっていないようです。

08

この時点では、すでに学習机は木製になっていたようです。
その数年前前では、スチール製が普通でした。

価格も今とほぼ同じくらいですね。


新聞広告は、すぐに捨てるものなのでこのように残っている事が、
ほとんどありません。

あるとしたら、タンスの引き出しの中に敷いてある事が多いです。


しかし古い広告は、その当時の流行り物が分かったり忘れかけていたモノを
思い出させてくれる貴重な記録ですね。



style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

佐賀市大和町に、全国的にも珍しい貴重な文化遺産があります。

01


「しってんさん」です。

02

古墳のように盛り上がった塚に「しってんさん」が、あります。

03


「しってんさん」とは、四天王(してんのう)さんが変化して、
このように呼ばれるようになったらしいです。


04

このように四天王像が4体向かい合うように、設置してあります。


05

設置されたのは、平安時代後期から室町時代にかけて作られたらしいですが、
詳しい事は、不明のようです。

06

数百年の歳月を物語るように、風化が進んでいます。

07

中央にある石塔です。

見学に来た時には、近所の人がお参りをしていました。

08


いつ誰がこれを作ったのかは謎のようですが、
意外と身近な所にもこんな貴重な遺跡があるものです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

松原神社前にあった建物は、徐々に解体されて、
芝生の広場になってきていますが、


ずっと営業を続けていた喫茶店が閉店していました。

01

松原神社の鳥居から道を隔てて向こう側の建物が無くなって、
芝生の広場になっています。

02

このダイセイというお好み焼き・たこ焼き屋も10数年前には、
閉店しています。

05

その隣の本屋も閉店して10年くらいになるでしょうか。

しかし驚くことにその隣の小料理店”なにわ”は、
まだ営業していました。

さらにその隣のラーメン屋”一休軒”も閉店して7年くらいは経つでしょうか。

03

今回閉店しているのが分かったのは、この喫茶店”CAPRAキャプラ”です。

隣はパチンコ屋でしたが、取り壊されて広場になっています。
食堂”きぬ代”は、大分前に閉店しているようですが、
キャプラは、最近まで営業していた事を確認しています。

04



それがついに閉店してしまいました。

やがてこの建物も隣の建物も解体される事でしょう。

06


別にここに行ったことはないのですが、昭和の風景がどんどんなくなっていく事に、
一抹の寂しさを覚えてしまいます。


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ