SAGA佐賀マニア

佐賀に眠ったお宝を発掘します。

カテゴリ: 佐賀情報


喜楽屋は、佐賀市中心部から国道34号線を鳥栖市に向かって、
佐賀競馬場の手前辺りの道沿いにあります。

01

大きな非常に目立つ看板です。

02

入り口には、幟が何本も立てられていて活気を感じます。
実際、非常に人気のあるラーメン屋です。

03

店の中は、こんな昔ながらの雰囲気を残した落ち着ける空間です。

04

カウンターとテーブルと座敷があり、キャパ30人くらいはありそうです。

05

おススメは、このセットメニューです。

餃子・シュウマイ・ホルモン・キムチ・牛すじ・豚角煮があります。

その中で、一番のおススメは、”豚角煮”定食です。

06

この高菜は、食べ放題です。
絶妙の辛さ加減で、ごはんが進むこと進むことw

07

これが豚角煮定食です。

ちなみにご飯は、おかわり自由です。(セルフサービス)

08

ラーメンは、細麺の長浜ラーメンです。
麺の硬さ(普通か固め)を最初に聞かれます。

通常は、普通で問題ないでしょう。
というか、普通しか頼んだことがありませんが。


09

この豚の角煮が、柔らかくて甘辛い味が浸み込んでいて、
もう絶品です。

とろけるような美味しさです。

お替りしたくなるほどw

10

薄めのチャーシューです。

ラーメンもあっさりした感じのスープで、ギトギト感が少なく、
それでいて豚骨のエキスのような風味を感じる絶妙の味です。

個人的にも非常に好きなラーメンです。

このセットで680円は、はっきり言ってかなりお得で満足できると思います。

一押しと言ってもいいおススメのラーメン屋です。








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

三吉ラーメンは、国道34号線のマクドナルドがある交差点からちょっと北に
入った所にあります。

”あんくるふじやの”隣です。

08

この”あんくるふじや”の並びです。

01

三吉ラーメンの外観

02

店の中は、カウンターとテーブルと座敷があり結構広いです。

03

昔からある典型的なラーメン屋と言った雰囲気です。


04

注文したのは、Bセット(880円)

05

イカフライが付いています。

これは、サクサクしてなかなか美味しかったです。

06

この高菜は、とにかく辛くてクセになる味です。


07

豚骨ラーメンですが、とにかく濃厚で独特の深みを感じるスープです。
チャーシューは、かなり厚めとなっています。

三吉ラーメンは、数ある豚骨ラーメンの中でも特に濃い味なので、
好みが分かれるかもしれません。

個人的は、もう少しあっさり系が好みですが、
好きな人には、たまらない濃さだと思います。










にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


かつては、佐賀市の夏の風物詩の一つだった、

「さが銀天夜市」

白山から呉服元町のアーケードにかけて、
多くの屋台や出店で賑わっていた銀天夜市。

子供の時は、連れて行ってもらうのが楽しみだったものです。

現在も続いている「さが銀天夜市」

01


あの頃の賑わいは期待すべくもないだろうと思って、
パトロールに行ってきました。

ところが、思った以上の賑わいを見せていました。

02

まずは、白山のアーケード入り口からです。

いきなりのスゴイ人込みと、子供たちの元気な声が聞こえてきます。

03

子供に大人気の投げ輪。

04

子供たちがお店を出す、

「子ども夜市」

をやっていました。

道理で、子供たちの賑やかな声が渦巻いているわけです。

05


こんな手作り品を売っているお店が、何軒もありました。
楽しそうにハイテンションで、呼び込みの声を張り上げています。

06

エスプラッツに移動すると、こんな

オヤジバンドによるミニコンサートが行われています。

なかなか聞きごたえがありました。

07

移動式ピザ屋や、

08

佐賀でおなじみ唐津バーガーもやって来ています。

09

656広場では、BMXフリースタイルをやっていました。

10

MCの人の軽妙なトークと共に盛り上がっていました。

さが銀天夜市も以前とは、ずいぶん変わってはいましたが、
知恵と工夫で、盛り上げようとする努力が垣間見れました。





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

大町町は、かつて炭鉱町として栄えた所。

全盛期には多くの炭鉱マンで賑わっていたであろう
中心街も今はひっそりとしている。

01

そんな大町町で、話題のB級グルメがある。

大町町名物”たろめん”だ!

たろめんは、かつて炭鉱マンに愛されたちゃんぽん風のうどんだ。

その”たろめん”が、町おこしグルメとして話題になっています。


たろめん-タロめん‐タロウメンということで、


なんと、


ウルトラマンタロウとコラボして売り出し中!


ちゃんと円谷プロと提携していますw







その”たろめん”を食べてきました。

行ってきたのは、大町の中心街?にある

「さんゆうし」さんです。

02

お店の前には、ウルトラマンタロウとのコラボポスターが貼ってあります。


03

お店の中は、こんな昔ながらの食堂風で居心地がよく、落ち着きます。

04

TV局の取材も何件もきているようで、サイン入りの色紙が飾ってあります。

05

これがたろめんです。

普通盛りで600円、大盛りが700円となっています。

※写真は、大盛り

あっさりしたスープと野菜とうどん麵が絶妙にマッチしていて、
どんどん食が進みます。


06


あっという間に完食!

食べやすいので、おかわりする人もいるとかw

栄養のバランス的にもかなりいいような気がします。

たろめんが食べられるお店は、大町に数軒あって、
それぞれが、独自の味付けとなっているとのことなので、

食べ比べをしてみてもいいですね。


たろめん紹介サイト
http://www.sashoren.ne.jp/omachi/taromen/

佐賀へ行くなら格安航空券で!







にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村


毎年5月になると、佐賀市大和町の川上峡に
大量の鯉のぼりが泳ぐ光景が見られます。

01

佐賀市内から国道263号線を福岡方面に向かって走ると、
長崎自動車道のインターを過ぎてすぐ、右手に大きな建物が見えてきます。

ホテル”龍登園”です。

その龍登園の向かい側にある與止日女神社との間にある嘉瀬川を跨いで
ロープが掛けれていて、そこに鯉のぼりが繋がれています。

08

奥に見えるのは、官人橋です。
こんな風に大量の鯉のぼりがぶら下がっています。


09

近くで見ると、圧巻の光景です。

10

道端に通りが掛かりの車が停まって、写真を撮る人もよくいます。





02


またこの付近は、戦前佐賀市内から鉄道が通っていて、
神社の参拝に来る人が結構いたようです。

06

こんな小さな機関車が走っていたようです。

05

ここにあった終着駅。

04

今の赤い官人橋が出来る前の古い官人橋。


03

大勢の参拝客が、神社へ向かう様子がわかります。

11

この付近は、九州の嵐山と言われていたほど風光明媚な場所です。




佐賀へ行くなら格安航空券で!






にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ