SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

タグ:主婦の店

昭和30年代~40年代の佐賀の写真です。

01

西魚町にあった主婦の店。

佐賀の主婦の店1号店です。
カラー写真は、初めてみました。

セールをやっています。

店の前に自転車がびっしりというのが、時代を感じさせます。

かっぽう着のおばちゃんと女子中学生らしい二人が店内に入ろうとしているようです。

2004年に46年の歴史の幕を閉じました。

03

かつて神野公園にあったモノレールです。

商店が写っていますが、今の西側の駐車場でしょうか。


04

玉屋が、移転して来てオープンの日でしょうか。
列の長さがスゴイです。







02


こちらは、日祐です。

日祐と言えば、佐賀の庶民の味方w

こちらも大勢の人で、賑わっているようです。

そう言えば、日曜日の午前中とかにセスナ機が飛んできて、
日祐のセールのお知らせをしていた事を思い出しました。

佐賀で買い物と言えば、日祐と言うくらいしょっちゅう親に連れられて来て、
おもちゃコーナーで、(親の)買い物が終わるのを待っていたものです。

05

今のセントラルビルの場所にあった、佐賀有楽です。

道を跨いでいくつも掲げられている看板が、
映画街を彩っています。

カラーで見たい光景です。


06


新駅移転直前の佐賀駅です。

ホーム側から撮られています。

この子の親が、子供を撮るために撮影したのでしょうか。

旧佐賀駅の正面の写真は、たくさんありますが、
ホーム側から撮られた写真は、非常に貴重だと思います。


07

この頃は、元町銀座と呼ばれていたようです。
道路は、まだ舗装されていませんね。

奥の建物は、自転車無料預所の看板が掲げられています。


08

廃線になる直前の佐賀線南佐賀駅です。

今も駅舎(トイレ)がありますが、取り壊された後に建て替えられているようです。

09

旧佐賀駅前にあったグリコの塔です。

カラー写真は、珍しいです。

夜は、ライトアップされてこんなにキレイだったのですね。


以上、懐かしの佐賀の写真でした。








現在どんどんどんの森として、
アバンセや市立図書館がある場所には、かつて大和紡績の工場がありました。


大和紡績は、1986年に操業を終えていますが、

元正門に懐かしい写真が、記念碑と一緒に展示されていましたので、
紹介します。

03


これです、1985~86年ごろの紡績通りが写っています。


04

プレートが劣化していて見難いですが、道路拡張前の紡績通りです。
1986年2月11日に撮影されているようです。

スーパー”主婦の店”が懐かしいですね。

05

これは、上から見た紡績通りです。

奥の方に写っているのは、大和紡績の女子寮とのことです。

主婦の店の建物が、こんな古い旧家だったとは知りませんでした。






02

同じ場所の現在の様子です。
まったく面影がありません。


06

こんなアパートのような寮もあったのですね。


07

上空から見た、大和紡績佐賀工場です。

昭和63年2月25日撮影となっています。


08


初任給と新卒入社者の変遷です。

昭和58年が、最後の新卒入社があった年のようです。


09

橋を渡ると、工場内の写真が展示されています。


10

織り姫様の銅像です。

紡績工場のシンボルだったのでしょうか。

写真を見ていて、紡績通りの主婦の店に何度か行った事を思い出し、
懐かしさがこみ上げてきました。

失われた風景が記録されている貴重な写真だと思いますので、
機会があったらぜひごらんください。





↑このページのトップヘ