昭和30年代~40年代の佐賀の写真です。

01

西魚町にあった主婦の店。

佐賀の主婦の店1号店です。
カラー写真は、初めてみました。

セールをやっています。

店の前に自転車がびっしりというのが、時代を感じさせます。

かっぽう着のおばちゃんと女子中学生らしい二人が店内に入ろうとしているようです。

2004年に46年の歴史の幕を閉じました。

03

かつて神野公園にあったモノレールです。

商店が写っていますが、今の西側の駐車場でしょうか。


04

玉屋が、移転して来てオープンの日でしょうか。
列の長さがスゴイです。







02


こちらは、日祐です。

日祐と言えば、佐賀の庶民の味方w

こちらも大勢の人で、賑わっているようです。

そう言えば、日曜日の午前中とかにセスナ機が飛んできて、
日祐のセールのお知らせをしていた事を思い出しました。

佐賀で買い物と言えば、日祐と言うくらいしょっちゅう親に連れられて来て、
おもちゃコーナーで、(親の)買い物が終わるのを待っていたものです。

05

今のセントラルビルの場所にあった、佐賀有楽です。

道を跨いでいくつも掲げられている看板が、
映画街を彩っています。

カラーで見たい光景です。


06


新駅移転直前の佐賀駅です。

ホーム側から撮られています。

この子の親が、子供を撮るために撮影したのでしょうか。

旧佐賀駅の正面の写真は、たくさんありますが、
ホーム側から撮られた写真は、非常に貴重だと思います。


07

この頃は、元町銀座と呼ばれていたようです。
道路は、まだ舗装されていませんね。

奥の建物は、自転車無料預所の看板が掲げられています。


08

廃線になる直前の佐賀線南佐賀駅です。

今も駅舎(トイレ)がありますが、取り壊された後に建て替えられているようです。

09

旧佐賀駅前にあったグリコの塔です。

カラー写真は、珍しいです。

夜は、ライトアップされてこんなにキレイだったのですね。


以上、懐かしの佐賀の写真でした。