佐賀の古い商店街を記録に残すシリーズとして、
白石町の商店街を歩いてきました。

01

まずは、肥前白石駅からです。

どうやら近年建て替えられているようで、
近代的な駅舎となっています。


03

基本無人駅らしく、窓口は閉じられていました。


04


路線図と運賃、時刻表です。
概ね1時間に1本のようです。


02

この歩道橋で、むこう側へ渡れます。


05

駅の外は、なぜか鐘が備え付けられていて、りんりん公園という名前になっています。


06

これは、駅舎の中に展示されていた昔の写真です。


07

これが昔の駅舎のようです。
石焼いもの軽トラが、懐かしいですね。

日付が無いのですが、おそらく昭和40年代?ごろの写真でしょうか。

08

こちらは、歩道橋の上から撮られたようです。

近くの高校生が、通学に利用していたようです。

※現在も高校生に利用されています。

09

これが、駅前の様子です。

駅前商店街などは無く、住宅しか見当たりません。


10

こちらは、別の方角です。

なんとなく、かつては駅前商店街だったような名残があります。


11

駅のすぐ近くにあった、白石娯楽センターという建物。

パチンコ屋だったようです。

もちろんかなり前に閉店しています。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">




12

メインストリートの一角に、昔ながらの食堂がありました。
文字が消えかかっていますが、白石屋という屋号です。

13

適当に?置いてある見本が、昭和な感じです。

14

これが、白石の(旧)メインストリートである商店街です。


15

閉店している店も多く、お世辞にも賑わいを感じる・・・
とは、言えません・・。


16

閉店して、何年になるのか?

こんなひさしが傷んでいる元商店を、多く見ました。




17


こちらは、営業中です。
旗やのぼりや横断幕を制作するお店のようです。

このように何かここでしか手に入らないようなものを扱うお店は、
生き残れるのかも知れません。


18

この店舗も、間もなく閉店するようです。


19

ここは、地域のコミュニティセンターのような場所です。


20

その先の様子も、さびしい感じは否めません。

21

中には、新しくできた店舗も少数ですが、ありました。

22

この時計店は、営業しています。

今の時代、時計を時計店で買ったり修理したりすると言う需要は、
あるのだろうか?


あるから営業しているのでしょうが・・・。



23

このお好み焼き屋は、人気がありそうな雰囲気を感じました。


24

うなぎ屋は、閉店しています。


25

地元の子供(中学生?)が、描いたと思われる絵が異彩を放っていました。


26

懐かしさを感じる脇道です。

奥は、お寺です。

27

場末の飲み屋街の一角にありそうなバー(の跡地)です。


28

閉店した写真屋。

デジカメの登場と共に、写真屋さんは激減しました。

今も営業しているところは、何かに特化(結婚写真とか)したり技術を持っているのでしょうか。

29

ここも脇道です。

神社の参道になっているようなので、ちょっと奥まで行ってみます。


30

どこにでもある、典型的な神社があらわれました。


31

神社によくある子供の遊具ですが、最近使われた形跡は見られません。

昔は、学校から帰ってきたらこんな遊具で遊ぶのが定番の一つだったのかもしれませんが、
最近は、ゲームをしたり塾や習い事に行くので、神社の遊具で遊ぶ事など無くなってしまったようです。



32

コンビニが出来る前は、こんな商店でお菓子などを買っていたものですが、
今や絶滅寸前になってしまいました。


33

ここは、かつて文房具屋だった商店のようです。

そう言えば学校の前に必ずあった、個人経営の文房具店も、
今はほとんどありませんね。


34

この居酒屋は営業しています。

手書きの”今日わ”が、いい味出しています。


35

窓の中に見えるカーテンの劣化具合から、
相当昔に空き家となったであろう民家です。


36

その先は、(以前はあったであろう)店舗がなくなり、
民家となっています。


37

国道へ合流する地点には、

こんな看板が立てられていました。


再びここが“元気”になる事があるのでしょうか?

もしかしたら時代が巡って、街の商店街が必要とされるようになるかもしれません。

そうなることを祈りつつ、白石商店街歩きを終えました。