SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

本庄に昭和な住宅地があるとの情報を元に現地を調査してきました。
場所は、本庄小学校の東にある本庄公園の近くなので、
ここから調査を開始します。
02
なかなか広い公園です。
03
公園入口には、昔の本庄の施設などの写真パネルが展示されていました。
04
昭和12年の本庄小学校の周りは、田んぼや林だったようです。
05
昭和62年の城西中。
こんな学校名の人文字を作って航空写真を撮りましたね。
06
昭和48年建設の本庄公民館。
現在は建てかえられて大きくなっています。
07
本庄の地名の由来は、荘園の与賀本荘から来ていたとは、
知りませんでした。
その他にも、地域の神社仏閣の説明などがあり、
思わず読み耽ってしまいました。
08
その公園の南側にあるのが、昭和な住宅地です。
09
住宅地の入り口には、イヤでも目を引く建物があります。
10
元喫茶店か美容室なのか?
11
リノベーションして何かの店舗に使えそうなほど、
シャレた建物です。
34
その右側は空き地になっていて、
駐車場として使われているようです。
14
早速住宅地を散策してみます。
13
洗濯物を干してある家が写ってますが、
全体の半分くらいは空き家のようです
15
今ではなかなか見ることが出来なくなった長屋です。
ここだけ見ると、昭和30年代かと思えるほどです。
16
向かい側は、新しい住宅が建っています。
17
この駐車場も、昔は住宅が建っていたと思われます。
18
奥の方は、割と新しめと言っても、
昭和末期前後くらいに建てかえられたような住宅が建っています。
19
右側は、空き地となっていますが、元々住宅地だったと思われます。
20
それにしても狭い通りです。
奥の方は、道幅が狭いため自動車の進入禁止となっています。
自動車が普及する前に建設された住宅地は、
どこも道幅が狭いです。
21
こんな手押しポンプの井戸がありました。
さすがに今では使われてないようですが、
この周りに住民が集まって雑談をする、
文字通りの井戸端会議の日々があったのでしょうか。
22
それにしても、このポンプ久しぶりに見ました。
23
思ったよりも大きな住宅地です。
子供がいるような気配は無く、
住民の人たちも高齢化が進んでいるのではないでしょうか。
24
なんとなく懐かしさを感じる路地裏です。
25
子供の気配は無いと思っていたら、
向こうの方から子供が遊ぶ声が聞こえてきました。
どうやらこの住宅地の向かい側にある団地の子供のようです。
26
散策していると、なんともう一つ井戸のポンプがありました。
こちらは、まだ水が出るような雰囲気です。

佐賀へ行くなら格安航空券で!


28
この住宅地のすぐ南側のアパートには、
個人スーパーの跡がありました。
29
本庄ストアというスーパーだったようです。
あの住宅地の人たちも、ここに買い物に来ていたことでしょう。

閉店してかなりの年月が経っているみたいで、
シャッターの奥は、駐車場になっていました。
このような個人スーパーは、本当に少なくなりました。
30
その先を左に曲がると、閉店した床屋がありました。
色褪せたサインポールが、閉店してからの年月を物語っています。
31
その向かい側には、こんな未舗装の道路の住宅街があります。
住宅は比較的新しいものの、未舗装の道に昭和感を感じます。
33
本庄小学校の東側には、こんな大きな団地や住宅が立ち並んでいますが、
ここまで古い住宅地が残っているとは思いませんでした。

散策していると、あの井戸の周りでの井戸端会議や、
本庄ストアが賑わっている様子が目に浮かぶようでした。


日本懐かし団地大全
照井 啓太
辰巳出版
2018-07-20













佐賀にもカレーで有名な店がいくつもあります。
佐賀市のミールは50年以上営業しているという喫茶店で、
がっつり系のカレーが人気です。
01
年に何回かは食べたくなるので、久しぶりに食べに行ってきました。
03
この漢字で珈屋凪と書いてるのが、パッと目には珈琲屋にしか見えなくて、
長い間”コヤナギ”では無く、”コーヒーヤ”と思い込んでいたのは、
私だけではないハズ・・・。
02
九州・沖縄味100選店に認定されています。
04
いかにも喫茶店なドアを開けて、店内に入ります。
05
昭和レトロな店内には、テーブルとソファーが並んでいて、
想像以上に広い空間となっています。
06
やや暗めの照明のおかげか、落ち着いた雰囲気が漂っています。
07
こんな古いレジがオブジェとして飾られていました。
08
その近くには錦達磨が飾られています。
なぜ古いレジとダルマなのかはわかりませんと言うより、
たまたま何気に置かれていると思いますが、
どちらもここの雰囲気に溶け込んでいます。



09
ミールでは、注文品が来る前にスープが提供されます。
コンソメスープ?かどうかわかりませんが、
そんな感じの美味しいスープです。
10
そして注文していたカツカレーが運ばれてきました。
写真ではイマイチ伝わりませんが、
目の前にすると、かなりのボリュームがあります。

折りたたんだペーパーの上に置かれたスプーンが、
昭和のレストランを思い出させてくれます。
11
ここのカレーは、具がゴロゴロでは無くてサラサラしたタイプです。
ご飯の上に乗せられたカツが、
微妙にカレーのルーに触れている盛り付け方に、
こだわりを感じます。
12
カレーと言えば、やっぱり福神漬けですね。
ご飯の白と福神漬けの赤のハーモニーが映えます。
ご飯とカレーの境目に添えられているのもこだわりでしょうか。
13
カレーの味は、やや酸味がある昭和のレストランのカレーような、
懐かしい味で、癒されるというか心の安らぎを覚えます。
カレーとカツと福神漬けが混ざり合うという至福の味を堪能しました。
14
食べ終わると、いいタイミングでコーヒーが出てきます。
この食後のコーヒーが最高です。
15
やっぱりコーヒーカップで飲むコーヒーは、別格ですね。

カツカレーとコーヒーのセット1000円で、
非常に満足感を得られました。

人気店として、長年営業しているのも納得です。


佐賀へ行くなら格安航空券で!




の映画館跡地を訪ねたところ、
その付近に昭和なエリアが残っていたので、
散策してきました。
01
この駐車場が、かつて映画館があった場所で、
映画館が閉館してからは、キャバレーとなって営業していたそうです。
いつ建物が取り壊されたのかは分かりませんが、
どんな建物だったのか写真だけでも見たいものです。
02
駐車場の北側には、こんな昭和20年代~30年代から建ってそうな、
古い建物が並んでいます。
03
この通りは、かなり昭和な雰囲気が残っています。
04
このシャッターが下りた店舗の角からの通りが気になったので、
入ってみます。
05
奥には古い家屋が建っています。
06
この店舗は、元質屋だったようです。
閉店してどれくらい経つと、ここまで劣化するのでしょうか?
07
民家とアパートらしき建物がありますが、
おそらく空き家です。
08
通りに出て左を見ると、こんな昭和な建物が目に入ります。
店舗跡ですが、風俗店ではなさそうです。
09
その手前の駐車場の奥に、気になる建物群を発見しました。
10
かなり古い住宅の廃屋のようです。
もしかしたらこの手前の駐車場も住宅地だったのかもしれません。
12
いつ頃まで住人がいたのか?
と、思っていたら奥の一軒だけ住人が住んでいたので、
早々に立ち去りました。

14
ご存じのようにここは風俗街なので、その手の店も営業していますが、
閉店しているところも結構あるようです。
13
気になったのがこの建物です。
愛敬町の中でもかなり古い建物だと思われます。
すでに閉店して数年経っているようですが、
もしかしたら風俗店になる前は、
別の店舗だったのかもしれません。
15
この店舗は風俗店では無くて、割烹料理店だったと思われます。
窓から見える障子紙が破けてボロボロになっているのが、
痛々しいですね。
16
この辺は風俗街の外れ付近です。
17
ここも風俗店だったみたいですが、
シャッターが下りています。
コロナ禍になるだいぶ前には閉店しているようです。

入り口のひさしには、いくつかの店名が重なっているように見えました。
このような風俗店は、短期間の間に運営が変わっていったのでしょう。

痛んだ従業員募集の張り紙を見ていると、
なんとなくこの店舗で働いていた人たちを想像してしまいました。

このような店舗型はもう古いのか?
今後新しい店舗となって復活することは無さそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

映画館の跡地を巡るシリーズ。
今回は、鳥栖市の映画館跡を確認しに行ってきました。

鳥栖市には、鳥栖銀星映劇、第二銀映、鳥栖東映劇場の三館が、
存在していたようです。

意外と少ないですが、
隣の久留米市に多くの映画館があったみたいなので、
久留米まで観に行っていたのかもしれません。
01
鳥栖市も時代の変遷と共に大きく変貌していており、
駅前にはショッピングモール、フレスポや、
サガン鳥栖のスタジアムが出来たりしましたが、

長年鳥栖駅前のランドマーク的存在だった、
鳥栖ビルは取り壊されています。
02
鳥栖駅前の再開発は徐々に進んでいますが、
この鳥栖駅の駅舎は、開業当時の姿を留めています。

今となっては、この古い駅舎が貴重な歴史遺産となっています。

しかしそんな鳥栖駅前には、まだ再開発されていない場所があります。
03

この横丁から奥の地区です。
04
この通りは、ここだけ昭和で時間が止まっているかのような
錯覚を覚えるほどです。
この通りの奥に、鳥栖銀星映劇があったらしいです。
05
奥まで歩くと、この通りに交わります。
06
かなり寂れた通りです。
07
その通り沿いにあるこのビルが、鳥栖銀星映劇だったようです。
ビル名も銀映ビルとなっていました。
映画館は、1985年以前(1983~84?)に閉館しているとの事です。

現在飲食店が数店舗営業していました。
08
建物は、見た感じかなり老朽化が進んでいて、
そう長くないうちに取り壊されるかもしれません。
09
これがビル全体です。
そこそこ大きな映画館だったようです。

この通りを突き当りまで行った辺りに、
1966年以前に閉館した第二銀映があったみたいですが、
それらしき建物などはすでに無くなっていると思われ、
はっきりした位置はわかりませんでした。




次に、鳥栖東映劇場跡地に向かいます。
10
銀映ビルから歩いて数分の場所です。
14
この付近も昭和な雰囲気が残っています。

11
鳥栖東映劇場は、カトリック幼稚園の
北側40メートルほどのところにある建物ということなので、
12
この建物に間違いないと思われます。
16
建物の形も元映画館だった事を思わせます。
13
こちら側からみると、かなり古い建物だという事がわかります。
現在は、会社の事務所?として使われているかもしれません。

鳥栖東映劇場は、1973年以前に閉館しているそうです。

ここが映画館だったことを覚えている人も、
少なくなっているのではないでしょうか。

しかし鳥栖市にあった三館の内、
まだ二館の建物が残っていたのが驚きでした。

どちらも老朽化が進んでいるので、
そう長くは建っていないのかもしれません。

映画館跡地を調べることは、その市や町の歴史を辿るようで、
感慨深いものがあります。

引き続き県内の映画館跡の調査を進めてこうと思います。

巨大映画館の記憶
青木圭一郎
ワイズ出版
2021-11-25


佐賀の町歩きシリーズ。

今回は佐賀市川副町犬井道を歩いてみました。
ここは筑後川河口で有明海に近く、
海苔養殖が盛んな漁師町です。

 KIMG1389
北川副小学校の南側の通りが、商店街となっています。
KIMG1390
商店街の入り口には、文房具店があります。
今では少なくなりましたが、
小中学校の近くには、必ず文房具店がありました。
KIMG1392
その先は、空き地となっています。
かつては店舗が並んでいたと思われますが、
多くのローカル商店街と同じように、
閉店してしまっているようです。
KIMG1396
左に見えるオレンジ色の看板は、
某有名化粧品会社の販売店です。
商店街や住宅街でよく見かけます。
KIMG1399
右側の空き地にも数店舗建っていたと思われます。
KIMG1400
その向かい側には、旧家の門があります。
この地で財を成した地元の名士の屋敷かもしれません。
KIMG1403
さらにその先にも空き地があります。
KIMG1404
手前にあるクリーニング屋さんと惣菜屋さんは、閉店しているようです。





KIMG1405
ここは何の店だったのか分かりませんが、
かなり前に閉店しているようです。
KIMG1409
ここは電気屋さんですが、やはり閉店しているようです。
とにかく閉店しているお店が多い印象です。
KIMG1410
この衣料品店は、営業していてお客さんのお出入りもありました。
”むつごろうシール”という独自のシールまであるようです。
KIMG1411
この金物店は、かつて映画館だったと思われます。
消えた映画館の記憶”というサイトの情報によると、
この位置になります。

建物の形状からも元映画館に間違い無いでしょう。
閉館したのは1966年頃とのことですが、

映画全盛期には、どんな小さな町にも映画館があったみたいです。
KIMG1467a
古い建物に付いていたこの看板が目に留まります。

ホテル朝風

ご休憩500円ヨリ
ご宿泊1500円ヨリ

佐賀駅前昭和バス南側

佐賀駅のすぐ近くにあったホテルのようです。

一体いつ頃の看板でしょうか。
KIMG1415
この病院の建物は、昭和レトロな雰囲気です。
KIMG1416
入り口も昭和の個人病院そのままです。



KIMG1417
その先には、割と大きな神社があります。
KIMG1418
ちょっと散策してみます。
KIMG1422
海童神社という神社でした。
sagabai.comによると、以下のような経緯で建立されているようです。

龍造寺隆信が成富甲斐守大蔵信種に命じて創建した神社、祭神は龍神。
450年前の建立より毎年行われている「お粥占い神事」が有名。1月1日の「歳旦祭」にお供えした米を、2月15日に「お粥炊き」し、本殿に1カ月お供えした後、3月15日早朝に「お粥開き」を行い、
お粥に生えたカビの色具合を見てこの地域の1年間の吉凶を占います。
なんとあの毎年ニュースで見る、
お粥に生えたカビで占う神事が行われている神社がここでした。

同じような神事は、みやき郡の千栗八幡神社でも行われています。
その千栗八幡神社の石段は、
あの柔道の古賀俊彦氏がトレーニングしていた事で知られています。
KIMG1423
境内の中に入ってみます。
KIMG1426
公民館兼祭祀の時の舞台になりそうな建物があります。
KIMG1433
社殿の中を見ると、
KIMG1438
天井には、絵巻物のような日本画が描いてあります。
これだけ多くの絵が描いてあるのは珍しいかもしれません。
KIMG1440
佐賀の神社と言えば、樹齢数百年の楠木です。
KIMG1446
神社の先にも商店街が続いています。
KIMG1449
靴屋さんですが、閉店していました。
看板のロゴマークとアルファベットがいい味出しています。
KIMG1450
その先に、いかにも昭和なたばこ屋さんがありました。
KIMG1452
と言っても、だいぶ前に閉店しているようです。
とは言え、この店構えの懐かしさがなんとも言えません。
KIMG1453
その先の店舗も閉店していて、何の店舗だったかはわかりません。
KIMG1456
商店街はここまでで、その先は住宅街となっていました。

映画館の跡地調査をしなければ、訪ねる事は無かった犬井道の町ですが、
懐かしい昭和の痕跡が残る、典型的な地方のローカル商店街でした。



↑このページのトップヘ