佐賀の各地に残る昭和の風景を記録するシリーズ。
松原神社の参道の北側に、超ディープな昭和スポットがありました。

01
この通りの北側です。
02
こんな路地が存在していました。
02a
この飲み屋は、営業しているようです。
03
突き当りには、アパートがあります。
04
昭和30年代くらい?のアパートでしょうか。
今ではなかなかお目にかかれないと思います。
05
ナンバーが付いていない原チャリとかなり昭和な自転車です。
06
洗濯機が並んでハンガーがぶら下がっているという、
生活感に溢れた場所。
07
無理やり後付けしたような鉄の階段です。
09
外にある建物の扉が開いていると思ったら、お風呂でした。
どうやらアパートの共同風呂のようです。
10
こちらも鉄の階段です。
建物の老朽化と構造的にも不安な感じです。
どんな人が住んでいるのか?
11
路地から見える空の狭さと、
ごちゃごちゃした電線が織りなすカオスな光景。

こんな光景が見られる場所が存在していたとは驚きです。

しかも廃墟では無くて、
ちゃんと人の営みがあるというのが貴重です。

このままずっと残しておきたい・・
とか勝手な事は言えないですが、

ここまでディープな昭和スポットは、
やはり貴重すぎるので、
記録に残せただけでもよかったと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村