SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

カテゴリ: 佐賀の記憶

映画館の跡地を巡るシリーズ。
今回は、鳥栖市の映画館跡を確認しに行ってきました。

鳥栖市には、鳥栖銀星映劇、第二銀映、鳥栖東映劇場の三館が、
存在していたようです。

意外と少ないですが、
隣の久留米市に多くの映画館があったみたいなので、
久留米まで観に行っていたのかもしれません。
01
鳥栖市も時代の変遷と共に大きく変貌していており、
駅前にはショッピングモール、フレスポや、
サガン鳥栖のスタジアムが出来たりしましたが、

長年鳥栖駅前のランドマーク的存在だった、
鳥栖ビルは取り壊されています。
02
鳥栖駅前の再開発は徐々に進んでいますが、
この鳥栖駅の駅舎は、開業当時の姿を留めています。

今となっては、この古い駅舎が貴重な歴史遺産となっています。

しかしそんな鳥栖駅前には、まだ再開発されていない場所があります。
03

この横丁から奥の地区です。
04
この通りは、ここだけ昭和で時間が止まっているかのような
錯覚を覚えるほどです。
この通りの奥に、鳥栖銀星映劇があったらしいです。
05
奥まで歩くと、この通りに交わります。
06
かなり寂れた通りです。
07
その通り沿いにあるこのビルが、鳥栖銀星映劇だったようです。
ビル名も銀映ビルとなっていました。
映画館は、1985年以前(1983~84?)に閉館しているとの事です。

現在飲食店が数店舗営業していました。
08
建物は、見た感じかなり老朽化が進んでいて、
そう長くないうちに取り壊されるかもしれません。
09
これがビル全体です。
そこそこ大きな映画館だったようです。

この通りを突き当りまで行った辺りに、
1966年以前に閉館した第二銀映があったみたいですが、
それらしき建物などはすでに無くなっていると思われ、
はっきりした位置はわかりませんでした。




次に、鳥栖東映劇場跡地に向かいます。
10
銀映ビルから歩いて数分の場所です。
14
この付近も昭和な雰囲気が残っています。

11
鳥栖東映劇場は、カトリック幼稚園の
北側40メートルほどのところにある建物ということなので、
12
この建物に間違いないと思われます。
16
建物の形も元映画館だった事を思わせます。
13
こちら側からみると、かなり古い建物だという事がわかります。
現在は、会社の事務所?として使われているかもしれません。

鳥栖東映劇場は、1973年以前に閉館しているそうです。

ここが映画館だったことを覚えている人も、
少なくなっているのではないでしょうか。

しかし鳥栖市にあった三館の内、
まだ二館の建物が残っていたのが驚きでした。

どちらも老朽化が進んでいるので、
そう長くは建っていないのかもしれません。

映画館跡地を調べることは、その市や町の歴史を辿るようで、
感慨深いものがあります。

引き続き県内の映画館跡の調査を進めてこうと思います。

巨大映画館の記憶
青木圭一郎
ワイズ出版
2021-11-25


今回は、川副町と大和町の映画館跡を訪ねてみました。
川副町には、犬井道と早津江に映画館があったようです。
SnapCrab_NoName_2022-4-19_16-20-18_No-00
まずは、川副町犬井道の映画館跡です。
inido02
どうやらこの金物店が有明東映だったのではないかと思われます。
inido01
建物の形状が、元映画館だった事を思わせます。
1964年頃閉館したとの事です。閉館後に別の店舗などになった所はっているようです。



次に早津江に移動します。
ここには早津江東映という映画館があったようです。
mietsu01
商店街はかなり寂れていて、ほとんどの店舗は閉店しています。

mietsu02
このスーパーは、閉店して何年経っているのか?
mietsu03
映画館は、この記念碑が建っている佐野常民生誕地の南側にあったようです。
mietsu04
てっきりこの場所かと思っていたら勘違いでした。

消えた映画館の記憶の管理人のロバさんのブログ

振り返ればロバがいる

によると、

現在三重津海軍所跡の公園になっている場所が、
当時住宅街になっていて、その一角に1964年までは、
存在していたようです。


次は、佐賀市大和町にあった映画館跡です。
SnapCrab_NoName_2022-4-19_16-44-0_No-00
大和町には、大和館春日東映と言う映画館が存在していたようです。
どちらも1966年前後に閉館しているとの事です。

消えた映画館の記憶のマップ上では、完全に特定されてなくて、
尼寺のどこかという事でクエスチョンマークになっていますが、
おそらくここだろうと思われる場所があります。
yamato03
まずは大和館ですが、ハルツというケーキ屋さんの隣です。
yamato01
この建物です。
長い間家具屋の倉庫として使われていたようですが、
一見してかつて映画館だっただろうと思わせるような建物です。

yamato02
現在は、倉庫としても使われていない雰囲気ですが、
実際どうだったんでしょうか。

yamato05
もう一館の春日東映は、
春日小学校の西側にあった事を聞いた事があります。

現在建物は残ってなくて、児童館の駐車場となっています。

映画館は1965年頃まで営業していて、
一部畳が敷いてあったらしいです。

雨の日になると、農家の人たちが畳で寝そべって映画を観ながらくつろいでいた、
というエピソードがあります。

それにしても1966年前後に閉館した小さな映画館が非常に多いようですが、
映画全盛期を過ぎて数年、完全にテレビの時代になり観客数が激減して、
営業出来なくなってきた頃だったのかもしれません。

藤森照信のクラシック映画館
藤森 照信
青幻舎
2019-09-30


以前紹介した佐賀の昔の映画館を紹介しているフリーペーパーSAMOMAや、
samoa

映画館データーベースサイト”消えた映画館の記憶”で、
佐賀の映画館を調べていたら、
sagamovie

現在の跡地を調べて見たくなったので、
とりあえず佐賀市の映画館跡地に行ってみました。

果たして痕跡は残っているのか?

daiei01
まずは大映があった場所です。
1971年に大映は倒産しています。
現在第一生命ビルとなっています。

と思っていたら、新たな資料により、
第一生命ビルは当時から存在していて、
佐賀大映は、その左のビルだったことがわかりました。

第一生命ビル南側の新道商店街入り口には、
朝日館がありました。
asahi02
こんなに看板だらけだったとは信じられません。
asahi03
これは取り壊される直前の朝日館です。
1995年に閉館して、1階で飲食店と喫茶店が営業していました。
asahi04
その後2015年の12月に取り壊されています。
たまたま通りがかかった時に取り壊しが進んでいて、
物悲しくなったのを覚えています。
asahi01
隣にあった質屋も無くなり、現在駐車場となっています。
14
松原交番の交差点には、公開中の映画のポスターがずらりと並んでいました。
matsubarakoban01
いつまであったのでしょうか?
平成に入ってからもあったのか?

次に松原神社の参道になっている、
新馬場通を見てみます。

ここには平和劇場がありました。
matubara01
この麻雀屋の建物は、なんとなく映画館だったところにも見えますが、
どうなんでしょうか?
matubara02
その向かい側の建物が、平和劇場だったと思います。


matubara04
建物は現存していますが老朽化が進んでいるように見えます。
matubara05
映画館は、1989年に閉館となっているそうです。
現在飲食店が入っていて、
奥は、有料駐車場になっています。

この辺りの古い建物は、取り壊しが進んでいるので、
ここも近い将来取り壊されるのかもしれません。
grand01
新馬場通の入り口の東側には、佐賀グランド劇場がありました。
庄屋の隣でレンガの塀の向こうのアパートの場所です。
1990年9月24日に閉館したとの事です。

ここで3本立ての映画を観て、1日過ごしていた事を思い出します。





次は、有楽があった場所です。
yuraku03
昭和35年の有楽です。飾り付けがスゴイですね。
yuraku04
昭和38でもまだ道を跨いだ看板が掲げてあります。
こんな飾りつけはいつまで続いていたのでしょうか?
yuraku01
1985年にセントラル会館となり、
2006年8月に閉館となりました。
toei02
有楽の隣にあった東映です。
東映まんがまつりに連れて行ってもらっていた事を思い出します。
toei01
現在はマンションになっています。
toho02
昭和32年の東宝です。佐賀にも映画の看板職人?が何人もいたのでしょうか。

toho01
現在は、駐車場になっています。
shochiku02
昭和30年の松竹です。奥に見える東宝もそうですが、
映画館の建物が独特で味わいがあります。
shochiku01
現在は、セントラルプラザとなり2007年に開館した、
シエマが入っています。
nikkatu03
昭和35年の日活です。
後に成人映画専門となり2000年頃まで営業していました。
nikkatu02
現在は、セントラルパレスという飲食店が入ったビルになっています。




次に愛敬町に移動します。
aikei01

愛敬町にも佐賀大洋映画劇場という映画館が存在していたようです。
1973年頃閉館して、現在は駐車場となっています。
muraoka01
唐人町の村岡総本舗がある場所は、
佐賀昭和東映劇場という映画館が、1966年頃まで存在していたようです
muraoka03
ここに映画館があったのかと思うと、
なんとなく映画館の建物のようにも見えてきます。
meigaza01
佐賀駅の南の通りにある、
キャリアサプライの左のビルの場所には、
佐賀駅前映画劇場/佐賀名画座という映画館が、
1970年前後まで存在していたらしいです。
ちなみにキャリアサプライは、かつてラジコン屋でした。
walakusa01
国道263号線との角には、若草不動産ビルがあります。
ここは、若草映劇という映画館だったとの事です。
ここも1970年ごろまで存在していたようです。

一通り見て回って、
かつて佐賀市内に多くの映画館が存在していたという痕跡は、
ほぼ消えている事が確認できました。

昭和30年代の賑わいを覚えている人も、
もう少ないのかもしれません。

佐賀県内の他の地区の映画館跡地も、

巨大映画館の記憶
青木圭一郎
ワイズ出版
2021-11-25

日本懐かし映画館大全
大屋 尚浩
辰巳出版
2021-06-01

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀の各地に残る昭和の風景を記録するシリーズ。

今回は、佐賀駅付近に残る昭和の風景を探しに行きました。
ここには閉店して数十年?経っている廃ホテルがあるので、
取り壊されない内に記録しておきました。
11
このホテルは、旧佐賀駅の一番近くにあったホテルで、
数十年前?に廃業した廃ホテルとして知られています。

ホテルの入り口は、木に覆われて鬱蒼としています。
ホテル名は何だったか?

たしか佐賀ホテルだったような?

それにしても廃業して何年になるんでしょうか。
少なくとも20年以上は経っているとは思いますが。
12
入り口にはごみが散乱してとんでもないことになっています。
明らかに廃業後に誰かが捨てたようなゴミも見られます。

さらにナンバーが付いたまま放置された軽ワゴン車がありますが、
ホテルの車だったのでしょうか。
13
エントランス内にもゴミが山積みになっていて、
奥の様子は不明です。

もちろん入る気にもなりませんし入りません。
18
別の角度から見た廃ホテルです。
結構な存在感があります。
16
近くに寄って見ると、梯子や窓の格子はサビているものの、
建物自体は、それほどボロボロな感じではありません。
15
ちょっと離れた所から見ると、
ここだけ異質な空間を形成しているようです。
14
この角度から見ると、昭和30年代くらいのアパートを思わせます。
17
裏口の扉は壊されているようです。
内部は暗くてよく分かりませんでした。
前にはポイ捨てのペットボトルや空き缶が散乱しています。
10
鉄の格子が付けられた窓が並ぶ建物が、
ホテルと言うより精神病院の病棟のようにも見えてくる。
09
四角い鉄塔に表示されていたホテル名は、
外されたのか?それとも外れてしまったのか?

19
廃ホテルのすぐ南側には、ツタのからまる昭和な家屋があります。
21
てっきり空き家かと思ったら、なんとカフェとして営業していました。
いわゆるリノベーション住宅でしょうか。

このホテルは、旧佐賀駅があった頃は一番近いホテルとして、
利用客も多かったのではないかと思われますが、

新駅になり、周りにホテルが建ち始めると、
だんだん落ち目になり廃業したのかもしれません。

ここにいつまで建っているのかはわかりませんが、
昭和の民家のカフェを見ていると、

もしかしたらリノベーションして蘇らせることができるのかも?
と、ちょっとだけ思いが巡りました。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村








松原の名物自転車屋”中川輪業”が、閉店してしまったようです。

02
2021年10月撮影

店舗のガラスや自転車にベタベタ貼ってあった、
あの面白い張り紙(POP)が数年前から貼られなくなって
残念に思っていたら、ついに閉店していました。

01
いつからあの張り紙を始めたのかは分かりませんが、
20数年前には、貼ってあった記憶があります。

1999年頃デジカメを持ち歩くようになって、
度々張り紙を撮ってきました。

DSC03783

画像を整理していたら、
1999年から2000年代初頭くらいにかけて撮った、
オモシロPOPが出てきましたので、
ここに記録として残しておこうと思います。
AUT_0398
これは99年に撮った写真です。

レッツ宇多田ヒカル

宇多田ヒカルがブレイクした頃で、
やたらと宇多田ヒカルをネタにしたものが貼ってありました。

春の朝一人で歩くエベレスト

状況を想像するとかなり怖いですが、
これはエベレストで大量遭難した事件が元になっているのでしょうか?

AUT_0598
こんな気分イーアールサン!宇多田ヒカル

気分イーアルサン!に宇多田ヒカル。
とにかく宇多田ヒカルを語尾につけてました。
AUT_0399
春のカブト虫を歌いました宇多田ヒカル

どういう意味ですか?などと聞いちゃダメです。
思いつくままの言葉に宇多田ヒカルをくっつけてます。

写真は無いですが、

宇多田ヒカルください

というPOPを貼っていたところ、

一人の女子高生が店にやってきて、

「宇多田ヒカルは物じゃないから”ください”とか書かないで欲しい。

と抗議されたそうです。

※佐賀市のフリーペーパーにこのエピソードが載ってました。

これは実際にPOPの”ください”という部分に×が付けてあって、
”違います”とかコメントが入っているのを目撃したことがあるので、
本当の話でしょう。





IMG_2639

リップクイーン倉木麻衣
宇多田ヒカルとくれば、
双璧をなしていた倉木麻衣も忘れてはいません。

実は宇多田ヒカルください以外にも、
○○くださいシリーズがありました。

○○は、アイドルが多かったです。


たぶん最初は、”ヒロスエください”から始まったと思いますが、
確証はありません。

なぜこんな子を知っているのか?
というようなマニアックなアイドルで驚いたこともあります。

しかしなぜ”ください”なのか?

まったくの謎ですw

スパット安売り自転車ナカガワ

このように、安さを強調したPOPも多かったです。

IMG_2640

初春自転車

安か安か

ひねりもない安直なPOPも多かったですw

AUT_0572
思い出ボロボロ
歌謡曲の歌詞を思い出したのでしょうか。

安い自転車ください
もしかしたら、アイドルくださいシリーズの原点かも?

夏もメチャ激安
面白い言葉が思いつかないと、安いアピールに走るのでしょうか。
佐賀市は個人経営の自転車屋が多い事で知られていましたが、
経営者の高齢化と共にどんどん閉店していったようで、
現在大分減ってきています。

中川輪業もいつ閉店したのかわかりませんが、
ここのPOPには楽しませてもらいました。

↑このページのトップヘ