SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

カテゴリ: 佐賀の歴史スポット

数年前まで、県立博物館の入り口に展示してあった、
鉄製の大砲が、いつの間にか無くなっていたと思ったら、

佐賀城本丸歴史館の庭に展示してありました。

01

佐賀城の鯱の門をくぐると、目の前に鎮座しています。

博物館前に展示されていた時には、こんな砲座には乗ってなくて、
砲身も錆びて赤くなっていましたが、

現在は、黒く塗られて実際に配備されていた時と同じような、
砲座に乗せられています。


02

24ポンドカノン砲の説明板です。

フェートン号事件、アヘン戦争に危機感を持った佐賀藩は、
短期間の内に鉄製大砲の鋳造に成功しています。


NHKの大河ドラマ”西郷どん”で話題の薩摩の島津斉彬も同様に危機感を持って、
反射炉の建設を行うなど、開明的な人物として有名ですね。


そして幕府からの注文で製造した大砲を、
江戸のお台場に設置しすることになりました。


今でこそお台場は、お台場海浜公園として、
東京の観光地と化していますが、


お台場の台場とは、砲台の事だと知っている人は、
どれくらいいるのでしょうか?


ちなみに24ポンドカノン砲の24ポンドとは、
砲弾の重さの事で、24ポンドは約10キログラムほどです。


03

この大砲は、佐賀藩が鋳造したものでは無く、
1820年頃アメリカで製造された物の輸入品だそうです。


04

この大砲は、前装式の大砲なので砲尾は開きません。

05

このハンドルを回して、上下の調整をするようになっています。

砲身尾部の上には、小さな穴が開いていて点火するための火薬を盛るために、
少しへこんでいます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



06

本丸歴史館の入り口前にも、貴重な大砲が3門展示されています。


07

これが、アームストロング砲(レプリカ)です。

08

こちらは、砲弾を後ろから込める後装式で、
砲身内部には、砲弾を回転させるための螺旋状の溝
(線状痕・ライフリング)が彫ってあります。

これにより砲弾が回転して飛ぶので、命中精度が格段によくなります。

09


アームストロング砲の説明板です。

この大砲は、当時の最先端の技術が使われた大砲で、
砲身を作るのにも、筒を3段階ほど重ねたり、

先ほどの線状痕を彫るなど24ポンドカノン砲とは、
比較にならない高度な技術を要します。

10

見るからに24ポンド砲とは、次元の違う近代的さを感じます。

砲尾は、(半回転または4分の一回転?)させると開くようになっていて、
砲弾(丸ではなく現在の砲弾と同じような形)と火薬(の袋)を込めて、
閉じます。

11

そして、砲尾から突き出た棒状の信管(取り外せる)に点火薬を入れて、
雷管を叩くか、マッチのような摩擦で点火させる仕組みだと思われます。

アームストロング砲の欠点として、発射の圧力でこの信管が張り付いて、
抜けなく(にくく)なるといった問題があったようです。

いずれにしても、このアームストロング砲を作れたのは、
イギリス以外のヨーロッパでもごく一部の国しかなく、

アジアの一角でしかない佐賀で、これを独自に作ったという事は、
まさに驚愕に値します。



12


そのアームストロング砲の傍らには、こんな小さな大砲が2門展示されています。
これは、モルチール砲という臼砲(きゅうほう)で、

臼(うす)に似ているから通称臼砲と呼ばれています。

この臼砲は、砲弾を放物線を描くように飛ばして、
城壁の向こう側や山や丘の反対側を攻撃するのに向いた大砲です。


13

写真右側が、オランダ製となっています。

14

左は、それを参考に(模倣)して佐賀で鋳造したらしい砲です。

15

分厚い青銅製です。

砲弾は、前から込めます。

16

見た目は小さいですが、重量は1.2トンもあるそうです。

17

砲尾には、このような小さな穴が開いていて、
点火薬を盛ったり、導火線をさせるようになっています。

大砲マニアは、これらを見るだけで1時間くらいは過ごせるかもしれませんw

佐賀城本丸歴史館へお越しの際には、
ぜひこれらの大砲にも注目していただきたいです。










にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


佐賀市大和町に、全国的にも珍しい貴重な文化遺産があります。

01


「しってんさん」です。

02

古墳のように盛り上がった塚に「しってんさん」が、あります。

03


「しってんさん」とは、四天王(してんのう)さんが変化して、
このように呼ばれるようになったらしいです。


04

このように四天王像が4体向かい合うように、設置してあります。


05

設置されたのは、平安時代後期から室町時代にかけて作られたらしいですが、
詳しい事は、不明のようです。

06

数百年の歳月を物語るように、風化が進んでいます。

07

中央にある石塔です。

見学に来た時には、近所の人がお参りをしていました。

08


いつ誰がこれを作ったのかは謎のようですが、
意外と身近な所にもこんな貴重な遺跡があるものです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4457176698"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村



1月2日佐賀市大和町にある、男女神社(なんにょじんじゃ)
まで初詣に行ってきました。

縁結びの神社として知られる神社ですが、
訪れたのは初めてです。

00

長崎自動車道の側道を走っていると、鳥居が現れます。


01

そこから1.3キロ山の方に登っていきます。

02


車がすれ違うには、やや狭い道を北に向かって進みます。

03

結構急な道を登って、男女神社へ到着。
駐車場は、ここ以外にちょっと下にもう1か所あります。

04

この鳥居をくぐって境内に入ります。

05

この神社の付近では、戦国時代の元亀元年(1570年)に大友氏の本陣を、
龍蔵寺側の少数の部隊で夜討ちして大将を討ち取った、
佐賀の桶狭間と言われる、今山の戦いが行われて、
その時に焼け落ちその後再建されたようです。

06

山の上なので、非常に見晴らしがいいです。

初日の出を見るのにも絶好の場所かも知れません。

07

お正月なので、それなりに参拝客は多いです。

大きな神社のように大混雑しているわけでは無いので、
何か穏やかな雰囲気に包まれています。

08

寒いので、焚火がたかれていました。
これがまた心地いい暖かさです。

09


まずは、お参りします。

16

男女神社の由来です。

ご神体は、イザナギノミコトとイザナギノミコトとなっています。
だから縁結びの神社なのですね。


17

当然子宝や安産祈願に訪れる人が多い神社です。

10


男女の象徴をかたどったご神体”鞘の神”
全国的によく見るご神体です。




12

この日は、無料のぜんざいが振舞われていました。

13

餅が2つ入っていて、美味しくいただきました。


14


さらに熱いお茶もセルフサービスで飲めるようになっているなど、
おもてなしがありがたかったです。

15

この焚火の温かさが身に染みる。


18

端の方に石碑が建っているのが気になったので、見に行ってみると、

19

秩父宮殿下御展望記念碑となっています。

実は、昭和初期(昭和6年1931年)に陸軍の演習が行われた時にここから
演習の様子を見学されたようです。

男女神社は、山の上にある事もあり非常に眺めがいい立地条件にある、
厳かな雰囲気の神社でした。








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀駅の西側広場へ行く通路の途中に、
懐かしい旧佐賀駅の写真が展示されていました。

00

こんな風に展示してあるのを偶然見つけました。
新佐賀駅40周年記念で展示してあるようです。

01

これは昭和30年代初期の佐賀駅だと思われます。
佐賀市営バスが数台停まっています。

ボンネットトラックが時代を感じさせますね。

02

昭和38年の佐賀駅です。

グリコの大きな塔が立っていた時期です。
佐賀駅の名物だったという事を聞いたことがあります。

03

昭和50年12月の佐賀駅です。

グリコの塔は、数年前には撤去されていると思われます。
新駅移転直前の様子ですね。

04

これも同時期だと思われるカラー写真です。

当時はただの古い駅舎にしか見えなかったですが、
今見ると、風格のある立派な駅舎ですね。

昭和レトロに価値が見いだされる現在、これが残っていれば、
鉄道遺産としてもてはやされている事だったでしょう。






05

これは昭和天皇が、お召列車で佐賀に立ち寄られた時の様子です。

06

人々の服装から、1974年の夏だと思われます。
混雑していますが、お盆の時期なのでしょうか。

07

1978年の高校野球佐賀代表が甲子園に向かうところだと思われます。


08

同じく甲子園へ向かう高校球児の見送りですね。

09

1990年は、大雨で冠水した時の様子です。

1991年は、駅前にプールらしき物を設置して何かイベントをやっています。

10

これは、新佐賀駅建設中の貴重な写真です。
古い住宅地を更地にしている所です。

手前に見える数軒の住宅も撤去される寸前でしょう。


11

貨物列車が集まる引き込み線でしょうか。


12

列車の後ろのビルは、今もある農協のビルでしょうか。

今は、高架橋の線路がビルの後ろを走っています。

偶然見つけたのですが、懐かしくて貴重な写真だったので、
しばらく見入ってしまいました。








佐賀へ行くなら格安航空券で!








にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

旧長崎街道佐賀宿の東の入り口にあった番所跡に
公園が作られることになり、現在工事が進められています。

01

橋の手前にある大きな木の前辺りに番所があったようです。

02

元々あった石垣を修復する工事が進められています。

03

番所跡の説明板です。

脇街道を通る旅人とはいったいどんな人だったのか?
当時は、手形を持ってないとこのような番所や関所は通れなかったから
不法に?国内を行き来していた輩が結構いたという事でしょうか。


04

この辺は、当時の石垣の一部が露出しています。
これをきれいに補修するようです。

05

この辺りは、トイレが設置されるようです。
よく見ると、割れた皿などが出土しています。
番所にいた番人が生活していた跡かもしれません。


06

請負金額が掲示されています。
11,783,000円となっています。
まぁこれくらいは妥当なのか?

長崎街道佐賀宿は、佐賀市の貴重な歴史遺産であり観光資源にもなる
と思うので、力を入れて整備を進める価値がある事業だと思います。

佐賀県民は、何かにつけて”佐賀はなんもなか~”とか言う悪い癖が
身についていますが、身近に貴重な遺産が結構あるのに有効に生かしきれてない
ですね。

佐賀宿を東の端から西の端まで徹底的に整備すれば、全国区と化す事も
夢じゃないような気がしますけどね。

中途半端ではなく、徹底的にやればですが。





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ