SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

タグ:映画館跡

佐賀の映画館跡を訪ねるシリーズ、

今回は、多久市の多久駅周辺にあった映画館跡を訪ねました。
東多久駅周辺にも3館の映画館が存在していましたが、

多久駅周辺には、
a

信和会館
多久古賀山会館
多久東映劇場
多久別府映画劇場
多久昭和館
そして駅から2キロほど離れたところに、
h


明佐館

と、6館もあります。
01
多久駅から歩いて映画館跡へと向かいます。

多久駅周辺は再開発が進んでいて、
多久駅もこのような立派な駅舎へと変わっていました。
02
駅前にはローターリーと広い駐車場が整備され、
駅前周辺は、かつてはどうなっていたか思い出せないほど変貌しています。
03
道路が拡張され、駅前にあった商店などは、
ほぼ無くなっています。
04
まずは駅の北側にあった映画館跡に向かいます。
多久昭映があった場所です。
多久昭映は、1970年~1971頃まで存在していたようです。
05
国道203号の向かい側付近にあったと思われます。
06
この空き地になっている場所には、
家屋や店舗が建っていた事は覚えていますが、
いつから空き地になったのかは不明です。

ここに映画館があったのでしょうか。
07
ついでに奥の方まで歩いて確認します。
映画館があったような雰囲気ではありません。
08
古くからの住宅地で、空き家も目立ちます。
09
ここも空き家です。
10
さらに進むと、同じ形の家が並んでいます。
もしかしたら旧炭鉱住宅でしょうか。
11
次の映画館跡を確認するため、街中へやってきました。


12
中心街も古い店舗と新しい店舗が入れ替わりつつあるようです。
13
この辺りに多久映画劇場があったようです。
中央の看板が掲げられている建物が元映画館を思わせますが、
どうでしょうか。
映画館は1966年には閉館しています。
14
もしかしたらその隣の駐車場になっている場所かも知れません。
この付近はまだなんとなく、当時の面影が残っているようです。
15
次に駅前の通りを東に歩いたところにあったらしい、
信和会館跡へ向かいます。
信和会館も、1966年以前に閉館しています。
23
クルマが2台停まっているラーメン屋付近だったようですが、
もしかしたら左側の空き地になっている所だったのかもしれません。

さらにその東側にも映画館があったようです。
多久古賀山会館です。

ここは、1969年以前に閉館しています。
本当に1966年前後に閉館している映画館が多いですね。
16
しばらく歩くとこんな建物が目に付きます。
飲食店として営業中でした。
この辺りに多久古賀山会館があったようです。
17
隣の倉庫のような建物が、
いかにもかつて映画館だった事を思わせます。

ここに間違いないとまでは言い切れませんが、
可能性は結構あると思われます。
18
線路の向こう側に見える建物の廃墟は、
かつての炭鉱施設です。
19
近くには多久を拠点に活動しているアーチスト、
富永ボンドのショップがあります。
20
富永ボンドのボンドカー?です。
21
多久は、富永ボンドを中心にアートで町おこしをしています。
22
駅から東の方には、
まだいくつか昔の商店街の店舗が残っているようです。
24
次に踏切を渡って、次の映画館跡へ向かいます。
多久東映劇場があった場所です。
多久東映劇場は、1969年以前に閉館しているとの事です。
25
この交差点付近にあったのでしょうか。
26
この辺りは道路拡張されて、昔の建物はほとんど残っていません。
27
本当にこの辺に映画館があったのか?
と思わずにはいられないほど、新しい街へと変わっています。

もはやかつて近くに映画館があった事を知る人も、
ほとんどいないのかもしれません
28
次の映画館跡へ向かうため、駅へ戻ります。
29
ちょうど唐津線の列車が到着して、数名の乗客が乗り降りしていました。
そこそこ大きな駅ですが、2020年3月から無人化されているとの事です。
30
駅に隣接して、”あいぱれっと”という市民交流センターがあります。
31
奥にはカフェもあり、市民の憩いの場として活用されています。
次の映画館跡は、駅からちょっと離れているので車で移動します。
32
この交差点付近に明佐館という映画館があったようです。
明佐館も、1966年以前に閉館しています。
36
この辺りには、江戸時代からの旧家がいくつか残っていて、
37
旧街道の面影を残しています。




39
交差点付近には、多久市立病院という大きな病院があります。
33
交差点の奥に向かって多久聖廟です。
どこが映画館だったのか?
34
横断歩道を渡った所の空き地がちょっと気になります。
小さな映画館だったらここにあったとしても不思議ではありません。
35
この付近を歩いてそれらしき建物が無いか探しましたが、
見つけられませんでした。
閉館して50年以上経つので、無くなっているのでしょう。

それにしても多久駅周辺に6館もの映画館が存在していた事が驚きですが、
炭鉱町として栄えていた頃は、相当賑わっていたという事なのでしょう。

それでもほぼ同時期にほとんどの映画館が閉館したのは、
あっと言う間にテレビの時代になってしまって、
瞬く間に映画館には閑古鳥が鳴くようになったのでしょうか。

映画館末期の様子を想像すると、
物悲しい気分になってきます。

黄昏映画館
上野昂志
国書刊行会
2022-06-22

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


佐賀の映画館跡を訪ねるシリーズ。

今回は、小城の映画館跡を訪ねました。

小城は、小京都と呼ばれる、
歴史的な景観を残す街並みで知られていますが、
近年道路拡張など再開発が進んでいます。

小城には、小城東映・小城昭和館・小城巡映という、
3館の映画館があったとの事です。
00

小城東映は1950年頃開館して、
1967~68年頃閉館しているようです。

小城昭和館は1953年3月に開館して、
1975年頃閉館しているようです。

そして小城巡映は1980年頃開館して、
1985年頃閉館しているという、
わずか5年ほどしか営業していない映画館だったようです。
01
唐津線の小城駅です。
駅舎は、2015年に改築されてキレイですが、
古い駅舎のレトロな雰囲気を残しています。
02
駅前ロータリーも整備されていて、
駅舎の前には歌人与謝野鉄幹・晶子夫妻の石碑が設置されています。
03
駅の向かい側には、最近できたと思われる、
カフェやサブカル系?の食堂らしき店舗が営業していました。
04
この郵便丸ポストは、かなり古そうですが現役です。
05
現在は、基本無人駅になっているようです。
06
ここにも駅ピアノが置いてあります。
07
名所案内の看板の絵は、近くの小城高校の生徒が描いたようです。
08
映画館は、駅前のメインストリートを北に向かって、
点々と存在していたらしいです。

佐賀へ行くなら格安航空券で!


09
このメインストリートは、道路拡張が進んでいて、
古い建物は、徐々に撤去されています。
10
やはりと言うか、シャッターが降りた店舗が多いです。
11
このように、一部古い店舗も残ってはいます。
右の店舗は、今も営業しているようです。
13

かつては商店街に必ずあった個人商店。
ここも営業はしてないと思ったら、
から揚げ屋として営業しているらしいです。

そしてこの辺りに小城昭和館があったようです。
25
※佐賀・小城・多久の今昔より

ちなみに昭和館の写真がありました。
説明によると、昭和49年頃の写真で、
翌年の昭和50年に閉館したとなっています。
最後は成人映画館となっていたのでしょうか。
12
もしかしたら、車が停まっている辺りに映画館があったのかもしれません。
14
念のために”はらだ”から奥に入ると、小城市歴史資料館がありました。
訪問時には思いつきませんでしたが、
ここで調べたらわかったのか?
15
その脇の通りも歩きましたが、映画館の痕跡は確認できませんでした。
17
通りに戻り、先に進みます。
この辺りは道路拡張が進んでいて、建物も新しくなっています。
この付近に、小城巡映があったようです。
18
もしかしたらここが小城巡映かもしれない、
と思いましたが、どうもローカルスーパーの跡のようです。
この付近は、道路拡張が進んでいるので、
もはや建物は残ってないと思われます。
19
その先は道路拡張が完了して、広々としています。
小城東映は、この付近にあったようです。
20a
赤い看板の、あいかわ薬局と、
その手前の建物が映画館だったそうです。
どんな映画館だったのかは、想像するしかありません。
21
この先が、国道203号線と交わる交差点となります。
最近出来た、マクドナルドがあります。
小城の景観に配慮した、茶色の建物となっています。
22
かつてはちょっと変則的な交差点でしたが、
道路拡張により、広くて非常にすっきりとした
交差点に生まれ変わっていました。

小城駅から国道203までのメインストリートは、
映画館があった頃からすっかり様変わりしていると思われるので、
さすがに映画館の痕跡は、確認できませんでした。

しかしこの通りに3館も映画館が存在していて、
一館は、85年頃まであったとは知りませんでした。

当時知っていたら、映画を観に行ったのかと言えば、
行くことはなかったでしょう。

無くなってしまって有難みを知る、
みたいなものでしょうか。


映画館と観客の文化史 (中公新書)
加藤幹郎
中央公論新社
2014-07-11

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀の映画館跡を訪ねるシリーズ。
今回は、小城市牛津町の映画館跡を調べました。

牛津には2館の映画館があったようです。
map

牛津東映と牛津ロマン映画劇場
です。

まずは1館目の映画館です。
01
このレンガ造りのような建物は、牛津駅です。
2001年にリニューアルされているようです。
初めてこの駅に来ましたが、立派な駅舎に驚きました。
02
最近無人化されたそうです。
03
駅舎の中は、まるで美術館かギャラリーのようです。
04
最近流行りの駅ピアノが置いてあります。
05
昭和の牛津の町の写真がいくつも展示されていました。
06
昭和40年代の中心街のようです。
映画館が写っている写真はありませんでした。
07
長崎街道の宿場町だった頃を彷彿とさせるような写真です。
08
昭和40年代には、バイクが写ってなければ江戸時代かと思わせるような、
光景が残っていたようです。
11
こんな来訪者ノートが置かれていました。
09
通学で利用している高校生が書いたと思われる言葉が、
書き殴られていました。
こんなところに本音が書かれていたりするものです。
10

人生はただ楽しめればいい。
直感を信じろ。

この二つは、高校生ではなくてこれを読んだ
いわゆるオトナが書いたものでしょう。
まあ、ある意味その通りだったりするんですけどね。

身近なところに楽しみがあったりするものです。

佐賀の映画館跡を訪ねるとか言って、
県内の町を歩き回ったり、昭和の団地を調査したり・・

これが楽しいとか高校生では”なんじゃそりゃ?”の世界でしょう。

index
駅にあったチラシです。
牛津発のこんな歴史映画が撮られていたようです。

今川了俊とは、あの今川義元の祖先で、
南北朝の動乱期に南朝側の菊池氏を斃すために、
幕府から九州探題に任命されて九州に赴き、
最終的に南朝方を降伏させ、
九州を平定した武将とのことです。

その九州探題が、牛津におかれていたようです。
知りませんでした。
これはちょっと観てみたいです。

13
駅に隣接して、往時の牛津宿の様子が描かれた
大きなパネルがあるステージがあります。
ここでイベントなどが行われるのでしょう。
14
この説明板によると、長崎街道の中でも大きな宿場町だった事がわかります。

そして牛津東映は、この駅のすぐ近くにあったようです。
15
映画館が存在していたのは、1964~65年までだったらしいので、
様変わりしていると思われる駅前には、跡地の痕跡は残っていません。
16
右のほうに見える古い家屋は、
映画館があった頃には存在していたと思われます。
17
何かの店舗だったようです。
他には古い家屋は、ほとんど残っていませんでした。



18
ここから歩いて、もう一館の牛津ロマン劇場跡へ向かいます。
19
長崎本線の踏切を渡ります。
20
これは英語塾でしょうか。
ENGLISH”I”が外れているのはマズいですね。
すでに営業していなかったらスミマセン。
21
その先には、スーパーや100均などが集まったショッピングセンターが、
ありました。
今やどこでも買い物はこんな所に行くのが普通になったので、
中心街の商店はシャッターが下りているところが多いですね。
ここ牛津も例外ではありません。
22
その近くにあったレンガ造りの建物。
23
牛津赤レンガ館という登録有形文化財でした。
24
これは百貨店”玉屋”を創業した田中丸家の屋敷とのことです。
文化三年(1806年)に田中丸善蔵がここ牛津に、
田中丸商店として創業したのが始まりだったそうです。
ここが玉屋の発祥の地とは、知りませんでした。
25
これは個人商店の跡ですね。
こんな店に駄菓子とか買いに行った頃を思い出します。
26
やたらと石仏が並んでいます。
27
こんな立派なものまであります。
28
牛津には文化財になっている石仏が多くあるようです。
29
これは牛津高校の正門です。
30
ここには、高札場という住民向けのお触書きが、
掲示されていた場所だったそうです。
どんな内容だったのか知りたいものです。
31
もう一館の映画館である牛津ロマン映画劇場は、
この付近にあったようですが、
1966年~68年頃には閉館しているらしいです。
32
交差点付近の様子は、当時とだいぶ変わっていると思われます。
もしかしたらこの駐車場に映画館があったのかもしれません。
38
ちなみに交差点の角には、
あのカルチャー焼きのオックスフォードさんがあります。
33
駐車場の端にある甲子園饅頭が気になります。
だいぶ昔からあるような雰囲気ですが、牛津の名物饅頭でしょうか。
この日は閉まっていました。
34
その隣にあるスポーツ店も閉まっていますが、
建物は古そうです。
35
奥行きもあり、
なんとなく元映画館に見えなくもないです。
36
その隣には、ここもシャッターが降りていますが、
昔から営業していたと思われる村岡屋があります。
しかしすでに閉店しているのかもしれません。
37
いかにも60年代風の建物です。
映画館があった頃から存在していたのでしょうか?

60年代に映画館があった頃は、
この交差点付近は店舗が密集していて、
かなりの賑わいを見せていたことでしょう。

映画館の位置が特定できなくても、
街中を歩いているといろんな発見があるものです。


日本懐かし映画館大全
大屋 尚浩
辰巳出版
2021-06-01


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀にあった映画館跡を訪ねるシリーズ。
今回は、多久市東多久の映画館跡を調査しました。
22
東多久駅付近には、3館の映画館が存在していたようです。
01
東多久駅の駅舎です。
東多久駅は唐津線の駅で、無人駅となっています。
02
一瞬、誰かかがベンチに座っていると思ったら銅像でした。

これは、志田林三郎という東多久出身の人物の銅像です。
現東京大学工学部の第一期生で、
主席卒業して日本初の工学博士になった人との事です。
21
明治21年の第一回電気学会で、
テレビや携帯電話を予見した演説を行ったというから、
驚くべき先見の明の持ち主だったようです。

こんな人物が佐賀にいたとは知りませんでした。
03
この時、長谷川町子生誕100周年記念として、
サザエさんぬり絵が展示されていました。
04
時刻表の右側に貼ってあるのが、そのサザエさんのぬり絵です。
なぜ長谷川町子生誕100周年なのか?

実は、東多久出身だったからです。
これも知りませんでした。
08
駅舎内には、こんな写真が展示されていました。
昭和23年の大盆綱引という行事の時の記念写真です。
戦後間もない頃ですが、町には活気があったであろう事が窺えます。
05
東多久駅のホームです。
06
このローカル感が魅力です。
07
駅前は、結構広い広場となっています。
ここをまっすぐ進むと、国道203号線の交差点です。

現在バイパスを通ることが多いので、
この旧道は、ほとんど通ることがありません。
かなり久しぶりにここにやってきました。
09
ここが国道203号線との交差点です。
この交差点付近に、多久別府映画劇場という映画館があったようです。
あの大きな建物は、かなり古いですが元映画館ではなさそうです。
10
交差点付近には、昭和からの古い建物が残ってはいますが、
映画館らしき建物は、確認できませんでした。

1973年以前閉館と、閉館から50年ほど経っているので、
すでに建物は無くなっているか建て替わっていると思われます。

それ以外にも2館あったという事なので、
痕跡を探してみます。




11
交差点の近くにあった、元バイク屋です。
バイク屋と言っても、こんな個人のバイク屋は、
だいたい自転車屋も兼ねていました。
外れた看板の文字が、物悲しさを誘います。
12
さっきの交差点を東に向かって歩きます。
13
この辺りは、昔の街道のような雰囲気が残っています。
14
大きなクリーニング店です。
かなり昔から営業していそうな老舗店でしょうか。

この近くに家族館と言う映画館があったようですが、
それらしき建物は確認できません。
15
近くにこんな空き地がありますが、
もしかしたらここに映画館があったのかもしれません。
16
1966年以前に閉館との事なので、すでに閉館から50数年経ち、
建物はもう残ってない可能性が高いと思われます。
17
さらにその近くにもう1館東多久東映があったようですが、
こちらもそれらしき建物は分かりませんでした。
18
こんな空き地が何か所がありますが、
映画館跡地かどうかは、わかりません。
東多久東映も1966年以前に閉館しているとの事です。
20
それにしても、駅前の交差点から東へ数百メートルまでの間に、
3館も映画館があったという事が驚きです。

現在この付近の商店は大半が閉まっていますが、
映画館が3館も存在していた、
60年前の町の雰囲気はどうだったのだろうと、
道路沿いを歩き回りながら想像するしかありませんでした。

映画館の跡地を巡るシリーズ。
今回は、鳥栖市の映画館跡を確認しに行ってきました。

鳥栖市には、鳥栖銀星映劇、第二銀映、鳥栖東映劇場の三館が、
存在していたようです。

意外と少ないですが、
隣の久留米市に多くの映画館があったみたいなので、
久留米まで観に行っていたのかもしれません。
01
鳥栖市も時代の変遷と共に大きく変貌していており、
駅前にはショッピングモール、フレスポや、
サガン鳥栖のスタジアムが出来たりしましたが、

長年鳥栖駅前のランドマーク的存在だった、
鳥栖ビルは取り壊されています。
02
鳥栖駅前の再開発は徐々に進んでいますが、
この鳥栖駅の駅舎は、開業当時の姿を留めています。

今となっては、この古い駅舎が貴重な歴史遺産となっています。

しかしそんな鳥栖駅前には、まだ再開発されていない場所があります。
03

この横丁から奥の地区です。
04
この通りは、ここだけ昭和で時間が止まっているかのような
錯覚を覚えるほどです。
この通りの奥に、鳥栖銀星映劇があったらしいです。
05
奥まで歩くと、この通りに交わります。
06
かなり寂れた通りです。
07
その通り沿いにあるこのビルが、鳥栖銀星映劇だったようです。
ビル名も銀映ビルとなっていました。
映画館は、1985年以前(1983~84?)に閉館しているとの事です。

現在飲食店が数店舗営業していました。
08
建物は、見た感じかなり老朽化が進んでいて、
そう長くないうちに取り壊されるかもしれません。
09
これがビル全体です。
そこそこ大きな映画館だったようです。

この通りを突き当りまで行った辺りに、
1966年以前に閉館した第二銀映があったみたいですが、
それらしき建物などはすでに無くなっていると思われ、
はっきりした位置はわかりませんでした。




次に、鳥栖東映劇場跡地に向かいます。
10
銀映ビルから歩いて数分の場所です。
14
この付近も昭和な雰囲気が残っています。

11
鳥栖東映劇場は、カトリック幼稚園の
北側40メートルほどのところにある建物ということなので、
12
この建物に間違いないと思われます。
16
建物の形も元映画館だった事を思わせます。
13
こちら側からみると、かなり古い建物だという事がわかります。
現在は、会社の事務所?として使われているかもしれません。

鳥栖東映劇場は、1973年以前に閉館しているそうです。

ここが映画館だったことを覚えている人も、
少なくなっているのではないでしょうか。

しかし鳥栖市にあった三館の内、
まだ二館の建物が残っていたのが驚きでした。

どちらも老朽化が進んでいるので、
そう長くは建っていないのかもしれません。

映画館跡地を調べることは、その市や町の歴史を辿るようで、
感慨深いものがあります。

引き続き県内の映画館跡の調査を進めてこうと思います。

巨大映画館の記憶
青木圭一郎
ワイズ出版
2021-11-25


↑このページのトップヘ