SAGA佐賀マニア~佐賀のマニアックな情報発掘

佐賀の歴史スポットや気になるお店、街歩きネタを発信しています。

タグ:昭和レトロ

佐賀の各地に残る昭和の風景を記録するシリーズ。

今回は、佐賀駅付近に残る昭和の風景を探しに行きました。
ここには閉店して数十年?経っている廃ホテルがあるので、
取り壊されない内に記録しておきました。
11
このホテルは、旧佐賀駅の一番近くにあったホテルで、
数十年前?に廃業した廃ホテルとして知られています。

ホテルの入り口は、木に覆われて鬱蒼としています。
ホテル名は何だったか?

たしか佐賀ホテルだったような?

それにしても廃業して何年になるんでしょうか。
少なくとも20年以上は経っているとは思いますが。
12
入り口にはごみが散乱してとんでもないことになっています。
明らかに廃業後に誰かが捨てたようなゴミも見られます。

さらにナンバーが付いたまま放置された軽ワゴン車がありますが、
ホテルの車だったのでしょうか。
13
エントランス内にもゴミが山積みになっていて、
奥の様子は不明です。

もちろん入る気にもなりませんし入りません。
18
別の角度から見た廃ホテルです。
結構な存在感があります。
16
近くに寄って見ると、梯子や窓の格子はサビているものの、
建物自体は、それほどボロボロな感じではありません。
15
ちょっと離れた所から見ると、
ここだけ異質な空間を形成しているようです。
14
この角度から見ると、昭和30年代くらいのアパートを思わせます。
17
裏口の扉は壊されているようです。
内部は暗くてよく分かりませんでした。
前にはポイ捨てのペットボトルや空き缶が散乱しています。
10
鉄の格子が付けられた窓が並ぶ建物が、
ホテルと言うより精神病院の病棟のようにも見えてくる。
09
四角い鉄塔に表示されていたホテル名は、
外されたのか?それとも外れてしまったのか?

19
廃ホテルのすぐ南側には、ツタのからまる昭和な家屋があります。
21
てっきり空き家かと思ったら、なんとカフェとして営業していました。
いわゆるリノベーション住宅でしょうか。

このホテルは、旧佐賀駅があった頃は一番近いホテルとして、
利用客も多かったのではないかと思われますが、

新駅になり、周りにホテルが建ち始めると、
だんだん落ち目になり廃業したのかもしれません。

ここにいつまで建っているのかはわかりませんが、
昭和の民家のカフェを見ていると、

もしかしたらリノベーションして蘇らせることができるのかも?
と、ちょっとだけ思いが巡りました。



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村








多久の昭和レトロなショップ「みつわ」さんを紹介した記事が、
きらッコノートというサイトの特集に取り上げて頂きました。

SAGA佐賀マニア


利用者さんとの会話が弾みそう!

歴史と浪漫漂う和・洋レトロスポット特集


他にもレトロスポットが紹介されたブログがいくつも取り上げられているので、
よかったらぜひチェックして見てください。





多久市に昭和レトロのお店がオープンしている情報を得ていたので、
先日訪問しました。

01

入口です。

ここだけ見ると、まるで昭和30年代の商店のようです。

02

お店の前には、あのダイハツミゼットが停まっています。

ちゃんとナンバーも取得されていて、運転できるように整備されています。


03

超簡素な運転席です。

計器は、スピードメーターだけですね。

今は無くなった、懐かしのチョークレバーが付いています。
冬の朝などチョークレバーを引いてエンジンをかけていたのでしょう。

もう自動車からキャブレーターが無くなってずいぶん経つので、
チョークレバーって何?

と言う人がほとんどではないかと思います。

04

かなりの積載量がありそうな荷台です。
現役の頃は、何を運んでいたのでしょうか?

たまに近くを走りまわっているとの事ですが、
速度は、50キロくらいしか出ないそうですw

でも走れるだけでスゴイです。






05

こんな木枠の引き戸は、ほとんど見る事はなくなりました。


06

中に入ると、こんなホンダのオートバイが置いてあります。
エルシノアという70年代のオフロードバイクです。


07

壁に掛けられている、スティーブマックイーンの大きなポスターは、
店長さんによると、ホンダのバイク屋の販促用だったとの事。

かなりの貴重品だと思われます。
その隣には、黒沢映画のポスターが掛けられています。

08


棚の上には、雪印の牛乳用木箱とその上にプラモが、積まれています。
昔のおもちゃ屋や文房具屋の片隅は、こんな感じでしたね。


09

きれいに整備されているエルシノア。
デザインの美しさが際立っています。

こんなきれいなエルシノアも貴重だと思います。






10

棚の中にも、ビール瓶やグリコ牛乳の木箱、その他昭和レトロな小物が、
詰まってました。

11

コカコーラのテーブルでくつろぐことも出来ます。
店内は、モノがたくさんある割には整理されていて、
雑然とした感じがあまりありませんでした。


12

懐かしの70年代ラジカセとレコード、手回しの鉛筆削りです。


13

これは珍しい、ハーレーダビッドソンの子供用自転車です。
こんな状態の良い物は、珍しいそうです。

この後、駄菓子を袋ごと大人買いして店をでました。


14

外に停まっていた、70年代の自転車を見ていると、
まるで自分がこんな自転車で乗りつけて来ていた、
70年代の駄菓子屋の光景が蘇り、懐かしさがこみ上げてきました。

三輪商店、思ったより充実していてかなり楽しめました。

昭和レトロの小さな博物館としていつまでも営業していてほしいお店です。









<br />
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

佐賀市中心街より東へ5キロほどの蓮池町に、
あまりにもディープな商店があります。

たまたま蓮池の調査に行って、発見しました。

01

この蓮池の交差点の少し先を左に曲がります。



03

するとこんな店名の看板も何もない、元商店のような建物があります。

前の大きな通りは、いままで何回も通っているのに、
ここには全く気が付いていませんでした。

04

中をのぞくと、なんと営業している!

恐る恐る中に入ると・・・


05

あまりにもディープすぎる店内に感動w

せっかくなので、お店のご主人様に色々と尋ねてみました。

まず、店名は”田中商店”でした。

06

このコカ・コーラの看板は一体いつの物なのか?
とにかく時間が止まったかのような空間に感動です。

創業は明治時代だそうで、すでに100年以上存在しているらしい!

店内は、100年の歴史で醸成されたような空気感が漂っています。
この空気感だけは、昭和レトロ系の資料館ではマネできません。

まさに今現在も生きているお店ならではの空気感です。

07

奥の方には、相当古い雑貨が眠っているようです。

08

駄菓子も売ってます。(数種類10個ほど買いましたw)

近所の子供が買いに来るそうです。


アイスクリームの冷蔵庫がカラだったので、
もう販売していないのかと思ったら、
夏になると、販売しているらしいw


この商店には、過去数回テレビ局などが取材に来たそうです。
まぁこんなディープな商店がまだ営業していたら、
取材に来るでしょうね。

それにしても、このお店が存在しているのは、
奇跡的な事です。

営業している間に訪問出来て本当にラッキーでした。










にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村

かつて一休軒が入っていた建物が、
火事で焼失してしまいました。


00

今年1月に撮影した一休軒跡

01

火災によりこんな姿になってしまいました。



その時の様子です。

火の勢いが凄いです。



02a

お好み焼き・たこやきダイセイも、


03


こんな姿に・・・

02

火災の翌日から、重機が入り後片付けが始まりました。
現在は、更地になっています。

1軒だけ営業していた、定食屋があったので、
そこが火元?なのかも知れません。

老朽化した建物の最後は火事というのは、
よくあるのですが、

こんな最後だと何か無常観を感じます。

また昭和の名残が消えてしまいました。


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-eg+64+20-db+h8"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="4982654592">



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 佐賀県情報へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ